衣服の代わりに光を纏った、桐島ローランドの新作写真展「lucid dreams」に注目!

衣服の代わりに光を纏った、桐島ローランドの新作写真展「lucid dreams」に注目!

写真家の桐島ローランド氏による、女性のヌードにプロジェクションマッピングを映すという画期的な写真展が、東京・新宿のアイデムフォトギャラリー「シリウス」にて開催されています。

プロジェクションマッピングとは、プロジェクターのような映写機器を用い、パソコンで作成したCG映像などを映し出す技術のこと。映像が投影される対象はさまざまですが、動きのない静物に映されるのが一般的です。それを今回、桐島さんは女性のヌードに映し出しています。多様な光が映し出されたモデルには桐島さんが感じる「光」が表現されており、「ライティング」という枠を超え、計算し尽くされた美しさとともに、未知の世界を垣間見るような独特の緊張感が感じられます。

「このギャラリーは一般に公開しており、応募して規定に沿えば展覧会を開くことができます。ただ年度の頭はその年に年男となるフォトグラファーが行うので、年男の僕にお声掛け頂きました。個展自体が久々ですし、せっかくなら撮り下ろしで構成したいと思いました」と、桐島さん。

「昨年、プロジェクションマッピングを使った仕事がちょうどありました。その時は2~3枚しか撮れなかったのですが、すごく面白く、機会があったらその延長線上でもっと突っ込んだものをやりたいなと思っていました。その時の撮影もヌードだったのですが、テイストは今回のものとはまったく違います。今回は、昔行って感動したモロッコのスークの光がヒントです。ストレートなストライプの光がきれいで、ずっとその光をつくってみたかったので、自分でストライプの型やレースをつくって、それをヌードに転写してみました」

衣服の代わりに光を纏った、桐島ローランドの新作写真展「lucid dreams」に注目!