マニアでなくとも見逃せない! 圧倒的な構造美で迫る写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」が開催中。

マニアでなくとも見逃せない! 圧倒的な構造美で迫る写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」が開催中。

自然科学研究機構 核融合科学研究所 「大型ヘリカル装置」 世界最大の超伝導プラズマ閉じ込め装置 岐阜県土岐市 ©Joe Nishizawa

まるでSF映画に出てくるような巨大で複雑な構造物。ドボクや工場萌え必見の写真展が始まっています。写真家の西澤 丞さんは科学技術や工業、インフラなど、「日本の現場」をテーマに撮影を続けてきました。これまで日本の先端科学施設を撮り下ろした『Build the Future』、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の新型固体燃料ロケット誕生をドキュメントした『イプシロン・ザ・ロケット ―新型固体燃料ロケット、誕生の瞬間』などの写真集を出版。その10年にわたる渾身のライフワークが結集した初の個展となります。

普段、私たちの暮らしを支える基盤であるにもかかわらず、その実態を知る機会がほとんどないインフラの現場や科学技術の研究所。西澤さんは「現場を自身の眼で見てみたい、そして写真を通じて多くの人に伝えたい」との気持ちから撮影を始めたと言います。その知られざる世界には、技術を極めた巨大建造物の、精緻で複雑でメカニカルな美がありました。

それにしても「立ち入り禁止の向こう側」の撮影許可を取るためには、どれだけの粘り強い交渉が必要だったのでしょうか。その撮影にかける情熱は、ビッグプロジェクトに挑む現場の熱い思いも重なるようです。(佐藤千紗)

マニアでなくとも見逃せない! 圧倒的な構造美で迫る写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」が開催中。

高エネルギー加速器研究機構 「前段加速器」 陽子ビームを利用して、2006年まで素粒子や原子核等の研究が行われた装置 茨城県つくば市 ©Joe Nishizawa

マニアでなくとも見逃せない! 圧倒的な構造美で迫る写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」が開催中。

ジャパン マリンユナイテッド株式会社「原油タンカー」 ドック内で建造が進む、全長300mを超えるタンカー 熊本県玉名郡長洲町 ©Joe Nishizawa

西澤 丞 写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」

開催期間:~3月31日(木)
開催場所:コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F 
TEL:03-3225-5001
開館時間:10時30分~19時(最終日は15時まで。3/18、3/25は特別開館時間のため20時まで)

http://www.konicaminolta.jp/plaza/