アラーキーのインスタントフィルム写真展「結界」は、新しいアートスペース「AM」にて。

アラーキーのインスタントフィルム写真展「結界」は、新しいアートスペース「AM」にて。

世界的な活躍をつづける写真家・荒木経惟のインスタントフィルムによる写真展『結界』が、表参道にオープンするアートスペース「AM」のオープニング企画として10月16日から開催されます。

「結界」とは、仏教用語で、「俗界をわかち、その内側に聖域を結ぶこと」。この写真展では、アラーキーのインスタントフィルム作品をカッターの刃で二つに切り裂き、再び一枚に張り合わせています。段ボール箱いっぱいに詰め込まれた総点数約500点から選びだされたコンビネーションの作品は、清と濁、幸と不幸、楽園と地獄など、相反する、だれの人生にもかならずつきまとうものの象徴としてみることもできます。アラーキーが自身の手で接ぎあわせたこうした両極は、ふたたびしっかりと結ばれることで、さらに複雑なカオスをつくりだし、果てしのない新たな物語をつむぎだします。展示作品数約300点以上というこの写真展、アラーキーからインスピレーションを得るためにも、ぜひ行くべきでしょう。(Pen編集部)

アラーキーのインスタントフィルム写真展「結界」は、新しいアートスペース「AM」にて。
アラーキーのインスタントフィルム写真展「結界」は、新しいアートスペース「AM」にて。
アラーキーのインスタントフィルム写真展「結界」は、新しいアートスペース「AM」にて。
    上写真:『結界』は、アラーキーが自らのインスタントフィルム作品をカッターの刃で二つに切り裂き、再び1枚に貼り合わせた作品群。展覧会会場では、荒木経惟作品集『結界』が先行発売される。インスタントフィルム原寸サイズ特製ボックス入り。限定300部。価格未定。発行:アイセンシア(問い合わせ/アイセンシア TEL:03-5413-7175) アートスペース「AM」は中目黒で昨年末まで活動した写真スペースImpossible Project Spaceのスタッフが運営している。

荒木経惟インスタントフィルム写真展『結界』
10月16日(木)~ 12月15日(月) 

アートスペース「AM」
東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ301/302号室

開場時間:14時~20時
休:月、火(最終日の12月15日を除く)
www.am-project.jp
無料

「AM」グランドオープン記念レセプション
10月16日 17時〜20時 於AM