アーティスト、池田学のすべてが詰まった大規模個展「池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―」がスタート。

アーティスト、池田学のすべてが詰まった大規模個展「池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―」がスタート。

池田学《興亡史》2006 紙にペン、インク 200×200cm 高橋コレクション 撮影:宮島径
(c)IKEDA Manabu, Courtesy Mizuma Art Gallery

自然現象、アニメや漫画も彷彿させる異常なまでに精巧なファンタジー、自身の内面や世の中の不条理を表現したクルト・シュヴィッタースのような複雑なコラージュ。池田学さんが大判のキャンバスに描く世界からは、様々な要素が見て取れます。

日本、韓国、ドイツ、カナダ、アメリカ、ロシアでグループ展に参加するなど、ワールドワイドに活躍する池田さんの評価を決定づけた理由は、題材だけでなく手法にもありました。東京藝術大学の在学時に習得したというその手法は、先が1mmにも満たない丸ペンのみを使用し、緻密に絵を構成するというもの。到底、そこから生まれたとは思えない、圧倒的なスケールは鑑賞者を引き込みます。

2017年1月20日より、池田さんの故郷である佐賀県の中心地に位置する佐賀県立美術館にて、個展「池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―」がスタートしました。会場には、アメリカ・チェゼン美術館の滞在制作プロジェクトで3年をかけて制作した新作『誕生』、プロセスをおさめた記録をはじめ、国内外のコレクターや美術館に渡っていた約120点もの過去作品ほぼすべてが集結し、アーティストとしての池田さんのすべてを回顧できる内容になっています。

また会期中、池田さんによる会場案内や子ども向けのワークショップなども行われる予定。実物を観ることでしか感じ取ることができない壮大さを是非、体感しに訪れてみて下さい。(大隅祐輔)

アーティスト、池田学のすべてが詰まった大規模個展「池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―」がスタート。

池田学《予兆》 2008 紙にペン、インク 190×340cm 株式会社サスティナブル・インベスター所蔵 撮影:久家靖秀 (c)IKEDA Manabu, Courtesy Mizuma Art Gallery

「池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―」

開催期間:~3月20日(月)
開場時間:9時30分~19時、9時30分~18時(1/27.2/17.3/10)
開催場所:佐賀県立美術館
佐賀県佐賀市城内1-15-23
入場料:¥1,000(前売り券)/¥1,200(当日券)
月曜休館

http://saga-museum.jp/museum/exhibition/limited/2016/12/001467.html

「池田学展 The Pen」公式Webサイト:http://tokushu.saga-s.co.jp/ikedamanabu/