ネコとライオンの共通点と差異を感じる、動物写真家・岩合光昭さんの写真展『ネコライオン』。

ネコとライオンの共通点と差異を感じる、動物写真家・岩合光昭さんの写真展『ネコライオン』。

動物写真家・岩合光昭さんの写真展『ネコライオン』が恵比寿の東京都写真美術館で10月20日まで開かれています。「ネコは小さなライオンだ。ライオンは大きなネコだ」と、動物写真家の岩合光昭さんは話します。ネコもライオンも、たしかに同じネコ科。でも一方の動物は人間の生活に溶け込むように暮らし、もう一方は「百獣の王」と呼ばれて、人間の生活から遠い野生の世界に生きています。今回の展覧会はこの動物たちに焦点をあて、同様のシチュエーションにあるネコとライオンを捉えた対の写真計約180点で構成しています。見ているとネコがライオンに、ライオンがネコに見えてくること請け合い。ネコ好きに、そしてライオン好きにも、お薦めの展覧会です。( Pen編集部)

ネコとライオンの共通点と差異を感じる、動物写真家・岩合光昭さんの写真展『ネコライオン』。
ネコとライオンの共通点と差異を感じる、動物写真家・岩合光昭さんの写真展『ネコライオン』。
    写真上:タンザニア・ンゴロンゴロ自然保護区 ©Mitsuaki Iwago

    写真中:広島県庄原市 ©Mitsuaki Iwago

    写真下:宮城県石巻市 ©Mitsuaki Iwago

岩合光昭写真展『ネコライオン』
会場:東京都写真美術館
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
開催期間:8月10日~10月20日
開館時間:10時~18時(火~日、8月10日~9月27日までの木、金は21時まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月
料金:一般¥800