コム デ ギャルソンのすべて。

永久保存版 all about COMME des GARCONS
コム デ ギャルソンのすべて。

¥2838(税抜)

オンラインで購入

Pen本誌で好評だった『1冊まるごと コム デ ギャルソン』が、Pen+になりました。タイトルは『コム デ ギャルソンのすべて―all about COMME des GARÇONS』。本誌特集に編集ページを大幅増補、さらに、ビジュアル本としても楽しめるよう随所に仕掛けを凝らした豪華本になりました。40数年の長きにわたって、世界のファッション界の先頭を走り続けるコム デ ギャルソンと川久保玲さん。ファンだけでなく、クリエイションを愛する人たちなら誰もが知りたいと思う、その秘密がつまった豪華な一冊です。

ページを見る

  • コム デ ギャルソンはファッション業界にルックブックが登場する前(70年代)から、イメージカタログを製作。当時、広告写真で脚光を浴びつつあったサラ・ムーンや駆け出しのピーター・リンドバーグと組み、イメージを発信してきました。1981年から2012年までの、著名フォトグラファーが撮り下ろしたコム デ ギャルソンのモードストーリーをここではご紹介します。
  • さて、上の画像はどこでしょう?もちろん、ギャルソンファンの方なら、すぐにわかるかと思いますが、銀座にオープンしたドーバーストリートマーケットです。いたるところにアートピースが点在、かと思えば、それがハンガーラックになっていたり。しかも頻繁にディスプレーは変化し、足を運ぶたびに発見のある、ショップの新しい形を提示しています。オブジェのためのアーティスト選びから、セレクトするブランド、ディスプレーの変更にいたるまで、すべて川久保玲さんディレクションというから、驚きです。
  • Pen本誌2/15号『1冊まるごと コム デ ギャルソン』では、俳優の竹中直人さんやUAのクリエイティブアドバイザーの栗野宏文さんが、愛用のコム デ ギャルソンを着て登場してくれましたが、今回は、なんとBIGBANGのV.Iがお目見えです!お気に入りのギャルソンを纏ったV.Iをたっぷりお見せします。そしてもうひとりは、女優の蒼井優さん。活躍中のふたりが語る、「私的ギャルソン論」は見ごたえ、読みごたえ十分です。
  • コム デ ギャルソンには7つのメンズブランドがあり、それを3人のデザイナーが手がけています。川久保玲さん、渡辺淳弥さん、そして丸龍文人さん3人のデザイナーは、どんなふうにコム デ ギャルソン社の中で個性を発揮し、どんなクリエイションを目指しているのか――気になることを取材してみました。

目次

1982-2012 有名フォトグラファーが撮り下ろした、 コム デ ギャルソン モードストーリーを追う。

時代を揺るがしたコレクション10

デザイナー川久保玲独占インタビュー

美しきカオスを体現する、常に未完成なドーバーストリートマーケット ギンザ

何がどう違うのか、全16ブランド完全解説。

もっと深く理解するためのキーワード8

パリで話題を呼んだ、『ホワイト・ドラマ』展。

誕生から 43年、神秘の軌跡を読み解く。

異なる3つの個性で成立する、メンズ

日々の道具である、プロダクトも美しい。

こだわりの物作り、その秘密を解き明かす。

川久保が手がける、空間というデザイン

世界のコムデギャルソン・ファン、大集合!

いま見てもかっこいい!伝説のショーの舞台裏を公開。