1冊まるごと アドビのすべて。


1冊まるごと アドビのすべて。

¥850(税抜)

オンラインで購入

Photoshop やIllustrator、InDesignといった
アドビのクリエイティブ・ツールに馴染み深い人も多いだろう。
最新号のPen+では、『1冊まるごと アドビのすべて。』と題して、
クリエイティブ・ツールの総本山ともいえるアドビを、多彩な切り口で紹介。
世界6都市で取材した最先端の使い手のルポや、
実践的なテクニック紹介、クリエイティブ・クラウドの徹底解説から、
グラフィックやフォントの話に加え、
描き下ろしマンガや書き下ろし小説まで。
ページをめくるたびに新しい発見が見つかる、
クリエイティブのヒントが詰まった1冊。

ページを見る

  • 美しいエディトリアル・デザインや、ユニークな広告キャンペーン、心に響くアート作品や、緻密につくり込まれた映像作品は、アドビのクリエイティブ・ツールがなければ、世に出ることはなかったはずだ。いまや、世界のクリエイティブ・シーンに不可欠な存在となったアドビを、Webサイト「Pen+ デザインラボ」との連動企画も随所に盛り込み、あらゆる角度から掘り下げた全104ページの大特集。
  • 世界6都市から、〈エディトリアル・デザイン〉〈映像〉〈広告〉〈グラフィック・デザイン〉〈マンガ〉〈写真〉〈アート〉の分野で、最先端の使い手をピックアップ。世界のクリエイターは、Photoshop 、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、After Effectsといったアドビのクリエイティブ・ツールを、どのように使いこなしているのか、スタジオでの作業風景に加え、そこで制作された作品を紹介。
  • Photoshopはじめアドビの革新的なツール群は、一体どんな場所で開発されているのか。アメリカ・カリフォルニアのサンノゼにある本社を訪ねると、そこには、クリエイティブな発想を活かせるよう、社員にも環境にも配慮された空間があった。また、Photoshopの過去と現在、そして未来に関するキーパーソン2人を取材、さらには、主要オフィスのひとつがあるサンフランシスコにも足を延ばした。
  • 現在の出版や映像、ウェブの歴史は、アドビによる革新の歴史ともいえる。1982年、チャールズ・ゲシキとジョン・ワーノックの2人がシリコンバレーで創業したアドビの歴史を、〈1982年~1986年〉〈1987年~1999年〉〈2000年~2008年〉〈2008年以降〉の4つの時代にわけてたどり、PostScriptやLaserWiterといったキーワードを軸に、IT&世相の年表も絡めて、その時代背景を解き明かす。
  • クリエイティブ・クラウド(Creative Cloud)は、Photoshop やIllustratorなど、さまざまなクリエイティブ・ツールとサービスが使えるサブスクリプション(期間契約)製品。その内容をニシワキタダシさんの描き下ろしマンガでわかりやすく解説。登場人物は、倉宇土(くらうど)少年と、ロボットの振木(ぶりき)くん。勘違いしやすい6つの疑問を、軽妙なやりとりで教えてくれる。
  • Webサイト「Pen+ デザインラボ」の人気連載コンテンツ「クリエイターの秘技」をコンパクトに凝縮して再録。坂野公一、Hama-House、湯浅立志、植木明日子といった4人のクリエイターが、Photoshop CCとIllustrator CCを使った、とっておきのテクニックを披露。『水木しげる漫画大全集』や『Pen』本誌のエアライン特集号の表紙など、“秘技”を使って生まれた作品を、詳細な制作過程とともに掲載。

目次

Creative Users PART 1

最先端の使い手は、ここにいる。
ミルコ・ボルシェ[グラフィックデザイナー]
佐藤隆之[モーション・グラフィック・アーティスト]
180LA[クリエイティブ・エージェンシー]

クリエイティブの聖地、 アドビ本社を訪ねて。
これからのアドビを支える、 2つのクラウド
アドビが歩んできた、革新の歴史をたどる。
オリジナルの日本語書体が、できるまで。
座談会│フォント開発は、デザインと技術の融合。
アドビを象徴する、歴代グラフィックの数々。

私とアドビ1 │平野甲賀[ブックデザイナー]


ニシワキタダシ描き下ろしマンガ

マンガで読む、初めてのクラウド体験。

あなた向きのソフトが、チャートでわかる。
クリエイティブ・クラウド、全ソフト解説。

文平銀座が、CCを導入した理由とは?

寄藤文平[アートディレクター]

最強リベロツールを、徹底的に使いこなす。
おすすめショートカット 100選、教えます。

私とアドビ 2│木村裕治[アートディレクター]


知っておきたい!クリエイターの秘技。

坂野公一[グラフィックデザイナー]
Hama-House[イラストレーター] 
湯浅立志[フォトグラファー] 
植木明日子[プロダクトデザイナー]

「あるある !」と誰もが納得、イラレ川柳。
やってみたくなる!実践的チュートリアル

私とアドビ 3│戸田ツトム[グラフィックデザイナー]


驚きのテクニックを伝授!イラレ時短テク


Creative Users PART 2

必見!クリエイティブの最前線。
ユニット・エディションズ[出版社] 
バスティアン・ヴィヴェス[バンド・デシネ作家] 
アヌク・クラウトホフ[アーティスト] 
ジョン・ハサウェイ[アーティスト] 

久保寺健彦 書き下ろし短編小説

「天才のつくり方」

実践で上達、“詰めクリエイティブ ”に挑戦。
こんなものまで ?アドビのレアグッズ公開。


【重要】アップル Newsstandでの『Pen+ 1冊まるごと アドビのすべて。』
電子版 ダウンロード販売サービス終了のお知らせ

 平素より『Pen+ 1冊まるごと アドビのすべて。』をご愛読いただきありがとうございます。同誌は発売後2年を経過したため、誠に勝手ながら「2016年12月15日24:00」をもちましてアップル Newsstandでの電子版のダウンロードサービスを終了させていただくこととなりました。

 「2016年12月15日24:00」以降、アップル Newsstandでの『Pen+』アプリ、およびアプリ内から購入する『Pen+ 1冊まるごと アドビのすべて。』電子版のダウンロードができなくなります。あらかじめお手持ちの端末に、『Pen+』アプリ及び購入済の『Pen+ 1冊まるごと アドビのすべて。』雑誌データをダウンロードをしていただきますようお願いします。


■ダウンロードの方法
1.『Pen+』アプリ内の「ライブラリ」に入っている『アドビのすべて。(購入済み)』の「ダウンロード」を選択します
2.プログレスバーが100%となればダウンロード完了です

※新しい端末に移行されているお客様は、まず、購読した時のApple IDでApp Storeにログインのうえ、『Pen+』アプリを再ダウンロードしてください。インストール後、アプリ内の「ライブラリ」にある「ダウンロード」から上記の「ダウンロードの方法」を実施してください。


【ご注意】「2016年12月15日24:00」以降、新たにダウンロードはできなくなり、またダウンロードした端末とは別の端末にも移行できなくなりますので、ご了承ください。


なお、本件についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
お問い合わせ先:https://www.cccmh.jp/form/pub/cccmh/index4

2016年10月21日


【今後のデジタル版販売サービスについて】
アップル Newsstand以外の電子書店でのダウンロード販売は継続しておりますので、ご利用の端末に合わせてお買い求めいただけます。ご利用方法の詳細につきましては、恐れ入りますが各電子書店でご確認ください。