No.347

なんかいいよね、ネンドって。
who's nendo?

who's nendo?

2013年 11月01日号 No.347 ¥619(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

表紙にも登場しているのが、デザインオフィスnendoを率いる佐藤オオキ。
この35歳のデザイナーから、いま目を離すことはできません。
家具やインテリア、グラフィックと、進行中のプロジェクトは250件を超えるそう。
なぜ多くの人に、いいね、と思わせるのか。それは、心を動かす「!」があるから。
いま世の中の誰もが気になって仕方がない「nendo」の正体を、一冊丸ごと徹底解剖します。

Preview

  • いまデザイン界が大注目している、「nendo」を知っていますか? nendoは佐藤オオキさん(1977年生まれ)率いるデザインオフィス。家具やインテリア、パッケージなど、手がけるものは実に多彩で、現在進行しているプロジェクトはなんと250件以上もあるそうです。今回は、世界から熱いラブコールが寄せられているnendoを徹底取材。話題のプロジェクトはもちろん、佐藤オオキさんの友人・中田英寿さんとの対談や仕事場取材などを通して、人の心をつかむnendoデザインの秘密に迫りました。初公開となる新作も多数掲載、特別付録「たいらな積み木」もついた大特集です。
  • nendoを率いる、佐藤オオキさんはいったいどんなデザイナーなのでしょうか?インタビューを通して浮かび上がったのは屈託のない、柔軟な姿勢。気負うことなく、けれど「仕事には120%で取り組まないと、クライアントを100%満足させられない」という情熱をもち、冷静にしなやかに立ち向かいます。そんな佐藤さんが幼少期に熱中したのが「ドラえもん」。現在の、デザイナーとしての佐藤さんにも影響しているそうです。
  • nendoのデザインは、シンプルです。そしてどこかに、ハッとさせられたり、クスッと笑みがこぼれたり、人の心に「!」をもたらす何かが潜んでいます。今回、Penは写真家・瀧本幹也さんに依頼して、写真家の眼で、nendoデザインの魅力を切り取ってもらいました。今年のミラノ・サローネで大きな話題をよんだグラスイタリアのガラス・シェルフ「Deep Sea」や、来年発売されるカンペールのシューズ、文房具など6カットを、ぜひ誌面で見てみてください。
  • 特集ではnendoのデビュー作から今年発表されたものまで、100以上のデザインを取り上げていますが、特に話題となった5つのプロジェクトにフォーカスしました。写真の「木桶の酒器シリーズ」は、そごう・西武とのプロジェクトで、この秋発表される新しいシリーズ「by | n meister(バイエヌ マイスター)」のなかのひとつ。日本の伝統技術を誇る7社とコラボレーションしてできた日常の「美しきもの」は、技をもつ職人の方々とnendoとの挑戦があって初めて誕生しました。
  • 現在、250のプロジェクトが同時進行中というnendo。1年の1/3以上はスポーツ選手の遠征のごとき海外出張へ。その距離・なんと地球6周にも及ぶそうです。nendoの仕事を地図上に書き出してみれば、海外のクライアントの多さは歴然。またミュージアムに代表作がコレクションされているほか、美術館を舞台としたインスタレーションやギャラリーでの発表などにも積極的に取り組んでいることがわかります。
  • nendoにデザインを依頼したメーカーや、実際の製作に携わる方々を取材している間、何度も耳にしました。「どうやってこんなにたくさんの仕事ができるのか、不思議でたまらない!」そこで、nendo佐藤オオキさんに、普段、どんなふうに過ごしているのかを取材し、マンガにしてみました。これがデザインお兄さん、nendoの日常です。

目次

なぜ佐藤オオキは、世界を虜にするのか?

写真家の眼で捉えた、ネンドというデザイン

大きな感動を呼ぶ、インスタレーション

中田英寿×佐藤オオキ、 2人を貫く共通項。

これがいま話題の、5つのプロジェクトだ。

●バイエヌ マイスター  ●カッペリーニ  ●トッズ 
●日清食品  ●秋田木工

Penがリクエストした新作を、誌上初公開 !!

みんなで遊ぼう!紙でできたフシギな積み木。

世界を席巻! 国境を超えるプロジェクト

やっぱりいいよね! 傑作デザイン 100

いかにして、ネンドは出来上がったのか?

これが本当の、クリエイティブな日常です。

仕事場からスタッフまで、その実態に迫る。

関係者20人が語る、「彼らのココがスゴい」。

「なんか気になる」、ネンドの作品を観にいこう。

【特別付録】 nendoのたいらな積み木  

Rhythmical Impact LANVIN

静寂と躍動を行き交う、ランバン

A Time for Reflection EMPORIO ARMANI

煌めきを纏う、エンポリオ アルマーニ

Brand Selection Audemars Piguet

精緻な美しさを追求する、オーデマ ピゲの哲学。

PenNews

EDITOR’S VIEW/TOKYO NEWCOMERS/WORLD SCOPE
DESIGN LOG/FASHION SQUARE
腕時計のポートレイト ─並木浩一
「黒モノ」家電コンシェルジュ ─麻倉怜士
WHO’S WHO 超・仕事人
ART/BOOK/CINEMA/MUSIC 
創造の現場。 ─ベンジャミン・リー
数字が語る、クルマの真実。 ─サトータケシ
Brand New Board
salon de SHIMAJI ─島地勝彦

No.347