No.423

おいしい日本酒。

2017年決定版! ソムリエが選ぶ、
おいしい日本酒。

2017年 03月01日号 No.423 ¥630(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

産地やブランドではなく、香りや味わいで日本酒を選びたいという声が増えている。
とはいえ、日本全国にある酒蔵は、歴史や特徴はもちろん、製法や味が異なる。
一般人がそのすべての味と特徴を知り、比べることは至難の業だろう。
そこで、ソムリエの出番。彼らはおいしいワインはもちろん、
料理、ゲストの人柄、状況に応じて酒を選ぶ、究極のホスピタリティの持ち主だ。
本号ではそんなソムリエたちに、本当においしい日本酒を選んでもらった。
スーパーやデパート、酒販店で誰もが買える日本酒を4つのタイプに区分し、
全てのボトルをブラインド方式で試飲し、星を付けるという仕組み。
グラスで愛でたい日本酒とは? 5人の出した答えがここにある。

ページを見る

  • 人気企画、日本酒特集の2017年度版がいよいよ発売です。3/1発売の「ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒。」は5人のプロソムリエがガチで飲んで選んだ85銘柄の日本酒特集。酒販店やスーパーを実際にまわって日本酒を購入し、実際に飲んでその評価を決めました。トビラで紹介するのは「香り部門」で3つ星になった「風の森 アルファ タイプ1」。ラベルもボトルも従来の日本酒のイメージを覆す今回の特集を象徴する1本。値段も手ごろです。今回の日本酒特集、その味には自信があります!
  • 今回の日本酒飲み比べは、「香りの高いタイプ」「軽快なタイプ」「コクのあるタイプ」「熟成タイプ」という4部門にわけて行いました。Penで過去2回日本酒の飲み比べ企画をした時はジャンル分けをせずに行いましたが、香りの高いタイプばかりが人気が出がちな昨今の日本酒ブームの中で、「軽快なタイプ」「コクのあるタイプ」「熟成タイプ」にも評価すべき日本酒があるんだということを示すために部門別方式を採りました。5人のソムリエのプロフィルとともに、今回のルールをこのページで解説しています。
  • 香り部門で見事3つ星を獲得したのは、新潟県の「笹祝酒造」。新潟駅からクルマで30分ほどの街道沿いに酒蔵を構えています。建物は大正時代に建てられたもので、ひんやりと薄暗い空間が伝統的な雰囲気を醸し出しています。酒造りを説明してくれたのは、6代目当主となる笹口亮介さん。古くから日本酒のメッカである新潟で、生酛など新たな風を吹き込もうとしている若き造り手のひとりです。ソムリエたちが評価した銘柄「笹印」のこだわりについて、じっくり話を聞きました。
  • 「香りの高いタイプ」「軽快なタイプ」「コクのあるタイプ」「熟成タイプ」ではくくれないもうひとつのジャンルが、近年世界中で人気のスパークリング日本酒。シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で発泡させた日本酒が続々登場したり、製法やガス圧など細かい規定でスパークリング銘柄を認定する「awa酒協会」が発足したりと、本格的な盛り上がりを見せています。ここでは濁りのあるスパークリングと、「awa酒協会」が認定するスパークリングを紹介しつつ、最新事情を紹介します。
  • 日本酒をより楽しむなら酒器にもこだわりたいところです。たとえば口が広いものだとよく香りがたつなど、形状や素材によって、香り方や温度など、さまざまな違いが出てくるので、それぞれの日本酒や個人の好みに適した器があります。ここでは、飲み比べをした「香りの高いタイプ」「軽快なタイプ」「コクのあるタイプ」「熟成タイプ」の4ジャンルごとにお薦めの器を集めてみました。いま注目の作家やショップから、地方の伝統工芸品まで、バラエティ豊かに揃えました。
  • ワイン好きならご存知のパーカーポイントが、昨年ついに日本酒を採点し話題になりました。ワイン業界の世界的な権威が、ワイン以外の酒を採点するのは初めてのことです。それだけ日本酒は世界的に注目され、食事との相性や米の品種、製法などワインと同じような視点で楽しまれているのでしょう。このページでは、そんな日本酒の世界での最新事情を踏まえつつ、日本酒版のパーカーポイントをまとめた弊社の新刊本も紹介しています。

目次

ソムリエが選ぶ、

おいしい日本酒。


ソムリエたちが、4部門で星を付けました。

香り部門★★★ 笹印 純米酒無濾過酒 │ 笹祝酒造 │

飲みごたえがあるのに、飲みやすい無濾過。


香り部門★★★ 風の森 アルファ タイプ1 │ 油長酒造 │

心地よい発砲感と、香り立つ米の旨味。


香り部門の星付き銘柄 │

月山 純米吟醸 │ 吉田酒造 │  貴 純米吟醸山田錦50 │ 永山本家酒造場 │

大信州 純米大吟醸 金紋錦 │ 大信州酒造 │

醸し人九次 彼の地 │ 萬乗醸造 │ …ほか


軽快部門★★★ 上善如水 純米吟醸 │ 白瀧酒造 │

ワイングラスで飲む、極上の“水”の味わい。


軽快部門の星付き銘柄 │

霧の里 │ 文本酒造 │  船中八策 純米超辛口 │ 司牡丹酒造 │

真澄 キュヴェスペシャルNo7 │ 宮坂醸造 │

一本義 袋吊り純米大吟醸 │ 一本義久保本店 │ …ほか


コク部門★★★ 深山菊 秘蔵 特別純米 │舩坂酒造店 │

飛騨牛を引き立てる、燗も旨い食中酒。


コク部門の星付き銘柄 │

王祿 八〇 80%精米 純米 │ 王祿酒造 │

千代の園 くまモン 純米酒 │ 千代の園酒造 │

カラーズ 生成 -エクリュ- │ 新政酒造 │

積善 純米吟醸 │ 西飯田酒造 │ …ほか


熟成部門★★★ 華鳩 貴醸酒 8年貯蔵 │榎酒造 │

仕込みに純米酒を使う、甘口の8年貯蔵。


熟成部門の星付き銘柄 │

花垣 米雫 貴醸年譜 1年貯蔵 │ 南部酒造場 │

ダルマ正宗 五年古酒 │ 白木恒助商店 │

せき 純米大吟醸 │ 大澤酒造 │  七田 純米七割五分磨き │ 天山酒造 │ …ほか


目指すはシャンパーニュ? 泡酒最新事情。

ソムリエが唸った、ベストペアリング

酒蔵推薦「うちの酒には、このつまみを!」

器にこだわれば、日本酒はもっと旨くなる。

世界的権威が、日本酒を格付け!


のポートレート #142 ───  並木浩一

LONGINES ロンジン

オリジナルの意匠を活かした、名作時計の復刻。


Color & Pattern PRADA

色柄で遊ぶ、プラダのアウトドア


人間の肖像 │ 第2回

鳥羽屋里長 × 小山薫堂

黒御簾の中でも、光る表現を目指して。


木村宗慎 休によろしく 

錆びた盆が訴えかける、「無為」であることの本意。


PenNews

EDITOR'S VIEW / TOKYO NEWCOMERS / WORLD SCOPE / DESIGN LOG / FASHION SQUARE

「黒モノ」家電コンシェルジュ ─── 麻倉怜士

WHO’S WHO超・仕事人

Creator’s file アイデアの扉

#062 石川慶 映画監督

ART BOOK CINEMA MUSIC

Brand New Board

そして怪物たちは旅立った。  ―57― ─── 島地勝彦

次号予告

No.423