No.395

こだわりの靴と腕時計。

保存版
こだわりの靴と腕時計。

2015年 12月01日号 No.395 ¥741(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

靴は、ただ履くだけの道具だろうか? また腕時計は、単に時を知るだけの機械だろうか?
もちろん答えはノーである。両者がいつの時代も男を魅了し続けるのには、当然理由がある。そこにはそれぞれの役割をはるかに超えた、長い月日を経てこそ語られる、
愛用者との深い物語があるからだ。そこで Penは、こうして狂おしいほど愛されてきた
靴と腕時計を大特集。それぞれの専門家が所有する“一本一足”を取り上げながら、
この冬狙うべき旬の靴や新作時計など、これから出合うべきお薦めの相棒たちを紹介。
その深淵なる世界と、そこに宿る男の美学に迫る。

ページを見る

  • たとえば海外のホテルマンたちは、ゲストが身につけている腕時計と靴を見て、その人のパーソナリティを見極めるそうです。男にとって靴と腕時計は、いわば自分自身を表す鏡のような存在。11月16日発売のPenは「こだわりの靴と腕時計」の大特集。狂おしいほどに愛され続ける、二つのアイテムの魅力を掘り下げます。長く使い続けるからこそ生まれる、所有者とプロダクトとの深い関係。デジタルが進化を遂げる中で、いつの時代も男たちに支持される、その深淵なる世界と美学とは?
  • 長く履きこむほどに、靴は所有者の足に馴染むものとなります。靴と腕時計は流行に左右されずに経年変化を通して、味わいが増す嗜好品。そこでデザイナー、バイヤー、評論家など靴のスペシャリストが愛する腕時計について、様々な角度から話を伺いました。彼らの人生とともに寄り添う腕時計。そこには実用性だけでなく、所有者を虜にする秘密があります。「靴のスペシャリストが偏愛する、腕時計の逸品」では、靴のプロの視点から腕時計のもつ、魅力に迫ります。
  • 靴と時計は異なるようで、実は似ている性格をもっています。手元と足元という身につける場所や求められる機能は異なりますが、男たちから深く長く愛されるという意味では、両者は性格の近いものです。そこで、「キーワードから読み解く、相思相愛の関係性」は、靴と腕時計に共通するテーマから、今季注目したいトレンドを掘り下げると同時に、そこに宿る普遍的な価値を紐解く企画です。実用性だけでなく、その美しき佇まいを秘めた逸品から、これから手にするべき一本一足を検証します。
  • 腕時計と靴は、着こなしの仕上げとして考えられがちですが、その発想を逆転させるとモノ選びももっと楽しくなるはずです。「靴と腕時計から、お洒落について考えてみた」という企画では、着こなしの仕上げとしてではなく、始まりとして腕時計と靴、ファッションの三者三様の関係性にフォーカスしています。トレンド、普遍的なカジュアル、オーセンティックがもつ強み。そうしたテーマをもとに、日常を輝かせてくれる腕時計と靴の選びをご紹介します。
  • 創業260周年を迎えたスイス最老舗のブランド、ヴァシュロン・コンスタンタンが史上最も複雑な機械式時計を披露しました。時計とはいっても、ケースはホワイトゴールド製で直径98㎜、厚さが55㎜という巨大な懐中時計です。この中には2800個以上の部品が精密に組み込まれており、何と57もの機能を備え、熟練時計師3人により8年の歳月を経て完成したのです。今後はほとんど披露されることはないだろうと思われる実に美しいディテールを秘めた超逸品を、じっくりと誌面でご覧下さい。
  • 靴と腕時計の大特集でトリを飾るのがこの企画。今年のバーゼルワールドやジュネーブサロンで発表されたニューモデルはもちろん、この夏から秋にひっそりとリリースされた、ルイ・ヴィトンの「タンブール VVV スピン・タイム GMT」やブルガリの「オクト 日本限定モデル」といったレアな情報も満載で、気になる注目モデルをどどっと紹介いたします。どのブランドの何を買おうかと迷っている貴方には必見のページ。店頭に行く前に、まずは誌上でお気に入りの一本をセレクトしてください。

目次

こだわりの靴と腕時計。


なぜ男たちは、靴と腕時計にこだわるのか?
文・柴田 充 時計ジャーナリスト&ライター

靴のスペシャリストが偏愛する、腕時計の逸品。
ピエール・コルテ  コルテ クリエイティブ・ディレクター/日高竜介  ワールド フットウェアギャラリーバイヤー/ブルーノ・ボルデーゼ  ブルーノ・ボルデーゼ CEO&デザイナー/勝川永一  H? Katsukawa from Tokyo シューズデザイナー/三原康裕  ミハラ ヤスヒロ デザイナー/中川一康  ユニオンワークス 代表/遠山周平  服飾評論家 


時計通たちは、どんな靴を愛でているのか?
ジャン・ラソーソワ  ブティック・レ・モントル オーナー/浅岡 肇  独立時計師/ヴァンサン・グジェ  ヴァシュロン・コンスタンタン ブランドCEO/ジョルジョ・グリモルディ  グリモルディ ウォッチ デザイナー/アーマー・ウィンストン  アーマー・ウィンストン時計店オーナー/名畑政治  時計ジャーナリスト/川瀬友和  ケアーズ代表取締役

キーワードから読み解く、相思相愛の関係性。
MINIMALISM[ミニマリズム]/SPORTY ELEMENT[スポーティ・エレメント]
WHITE COLOR[ホワイトカラー]
LUXURY&GLAMOROUS[ラグジュアリー&グラマラス]
INNOVATION IN TRADITION[老舗の革新]
DESIGN-CONSCIOUS[デザイン・コンシャス]
ANNIVERSARY&LIMITED[周年限定]

靴と腕時計から、お洒落について考えてみた。
「史上最も複雑な機械式時計」がお目見えした。
飛行士たちを生還に導いた、「緊迫の14秒」。


この冬狙いたい、旬のシューズ厳選 28足。

新作腕時計、今年はこのモデルに注目せよ!

Take Back 70s Essence
モダンに着こなす、70年代スタイル

Brand Selection CARTIER
時代を切り拓く、カルティエの新たな形(フォルム)。

a lazy day BALLY
バリーとともに、気ままな旅へ。 


第2特集
さり気なく贈る、ギフトの新流儀。


別冊付録
伝統と革新こそ、ブレゲの真価。


PenNews 
EDITOR’S VIEW / TOKYO NEWCOMERS / WORLD SCOPE 
DESIGN LOG / FASHION SQUARE

腕時計のポートレイト #114 ――並木浩一
TOKYO INVITATION 最新デザイン空間 12 
タカシマヤウオッチメゾン

「黒モノ」家電コンシェルジュ ――麻倉怜士
 WHO’S WHO 超・仕事人 
Creator’s fileアイデアの扉#034 挟間美帆
そして怪物たちは旅立った。
29 ―――島地勝彦 
ART BOOK CINEMA MUSIC
小山薫堂の新四輪書 ただいま、商談中 第8回 
ホンダ・レジェンド
次号予告

No.395