No.393

理想の家グランプリ

こんな暮らしをしてみたい!
理想の家グランプリ

2015年 11月01日号 No.393 ¥602(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

――理想をかなえた家を見せてください! ――
こんな呼びかけで始まった「理想の家グランプリ」。
応募総数は約300件。寄せられたのは、どんな家?
電車を活用したリビング、ギャラリーのような廊下……、
正直なことを言おう。これほどユニークで、
住みたくなる家が集まるとは予想していなかった!
その中から栄えあるグランプリに選ばれたのは、
ここに掲載した「248ハウス」。夫婦が愛する、
古いモノの美しさを引き立たせた“器”のような家だ。
特集では、グランプリと、2軒の準グランプリ、
さらに入選に輝いた 18の住まいを取材、紹介する。
いくつものハードルを乗り越えてつくり上げた家は、
夢の数だけ個性豊かで、真似したいヒントも満載だ。
世界にひとつのスイートホームを手にした家族と
夢を実現させた建築家に、大きな拍手を贈ろう。

ページを見る

  • 去る7月1日から31日にかけて募集した「理想の家グランプリ」。希望をかなえた家を見せてください!との呼びかけに、約300件の応募が集まりました。特集では、グランプリ、2軒の準グランプリ、そして入選した18の住まいを取材・紹介します。条件や制約を乗り越え、できあがった住居は実に多彩。景観に対するこだわり、コストをおさえるためのDIY、どうしても実現したかった夢……、家づくりのヒントが詰まった住宅特集です。なお、応募作品はPen Onlineで公開中、こちらも併せてご覧ください。
  • 特集はグランプリの発表から始まります。見事グランプリに輝いたのは「248ハウス」。夫妻が愛する古いモノが静かに輝く、落ち着いた家です。2人は建築家と相談しながら、扉や窓枠の色について、床はどんな素材にするか、家のあらゆることを一つひとつ決めていきました。その美意識を共有できる建築家と出会ったことも幸いだったと言えるでしょう。また、この家は美しいだけでなく、機能的で、住みやすさもよく考慮されている点も高く評価されました。
  • 準グランプリに選ばれた住宅は2軒。そのひとつが、電車に寄り添うようにして立つ、片流れ屋根の家です。家につけられた名前「プラットホーム」さながらの住居には、大人も子どももワクワクします。電車は、親族から譲り受けた敷地にもともとあったもので、撤去の予定だったのですが、住まいとして活用する案を建築家から提案され、残すことになったそうです。家から電車が見えるよう、電車と接する壁をガラスにした設計もニクいです。
  • もうひとつ、準グランプリに選ばれた家があります。出雲ののどかな田園地帯に立つ家です。この家には素晴らしい眺望を常に見られる窓があります、けれども道路からは家の中が見えることはありません……。一体どんな設計の工夫があるのでしょう? また、リビング・ダイニングと寝室とを壁で仕切らない、シンプルな一室空間のプランが採用されていますが、間取り図から予想する以上の広がりを感じます。住みやすさ、心地よさが印象に残る一軒でした。
  • 「庭の中で暮らすような家に住みたい」――そんな妻の願いが見事に実現した、庭と一体化した家。仕事をリタイアするタイミングで家を建て替えたYさん、完成したのは細長い敷地に箱をずらして並べたような家でした。壁はいっさいなく、ずらした箱の隙間が窓になっており、そこからは常に開放的な庭が望めます。バスルームも壁はなし。当初こんなあけすけな空間プランに戸惑ったそうですが、いまでは大満足。庭の植物の成長とともに、日々の暮らしを楽しんでいます。
  • 入選した住居の中から、リノベーションの家を紹介しましょう。東京から故郷への移住を決めた夫婦が選んだのは、築50年超の古民家。もと資産家の別邸で、敷地には竹林のある広い庭がありました。全面改装によって、玄関から入るとエントランス・リビングが広がる、開放的な間取りに。予算が限られていたので、子ども部屋などは自らつくったのだそうです。竹林の維持をはじめ、住み始めてからも手間のかかる家ですが、そんな進行形の家づくりを楽しむ豊かな時間が流れています。

目次

こんな暮らしをしてみたい!

理想の家グランプリ



GRAND PRIZE グランプリ
248ハウス │宮城県仙台市│夫婦の愛する古いモノと、時を刻み輝きを増す家。

SECOND PRIZE 準グランプリ
プラットホーム │兵庫県高砂市│電車が住まいの一部に !
ワクワクしながら暮らす。
求院の家│島根県出雲市│眺望を確保し、場を仕切る。高さ 90㎝のマジック

NEWLY BUILT新築
庭の中の家│千葉県佐倉市│庭と一体化した住まいが、
人生をデザインしてゆく。
齊藤邸│富山県滑川市│ゆるやかな勾配天井の下、羽根を休められる平屋。
豊中の住居 │大阪府豊中市│空間の“余白 ”によって、
多層の建物がより豊かに。
波田の家│長野県松本市│仕切りのない大きな棚で、親子をゆるやかにつなぐ。
キャベツ畑と家 │東京都練馬区│畑と向き合う家が、3世代のつながりを育む。
軒下の家│京都府京都市│自然と人が集まる、心地よい軒下の空間。
HDFの家│三重県│スキップフロアや小窓で、仲良し家族がつながる。
斜面を取り込む家 │愛知県名古屋市│大開口の向こうに広がる、緑のカーペットに息を飲む。
ハウス KK │東京都江東区│三角形の狭小地に、驚きの居住空間を実現。
青豆ハウス │東京都練馬区│住人たちが育てる、
成長する賃貸集合住宅の新形態。

RENOVATIONリノベーション
円山の住宅 │岡山県岡山市│手をかけ、愛情をそそぎ、成長し続ける古民家。
N邸│愛知県名古屋市│服を見ながら暮らしたい、ドレスルームを動線に。
古民家S OHO │東京都杉並区│とことん仕上げにこだわり、
築 80年の建物をリノベ

T邸│東京都世田谷区│“100%の満足 ”を、カスタムメイドで実現。
ほんとのいえ │神奈川県横浜市│研究者の頭脳を支える、
本の迷路に1万 5000冊!

向日市の家 │京都府向日市│繭の中のように心地よい、和紙に包まれた部屋。  
青葉の家│神奈川県横浜市│団地の一室に取り込んだ、美しく静かな緑の景色。
クラノイエ │富山県高岡市│視線が抜けて爽快な、倉庫を改造したリビング

PenNEWS | EDITOR’S VIEW
アマスツール
人々の集う場をつくる、東北生まれの杉材スツール

Creator’s fileアイデアの扉 #032
毛利悠子 美術家
作品が起こすハプニング、その理由を考えるのが好き。

Natural, but Creative BOTTEGA VENETA
ボッテガ・ヴェネタ、飾らない創造性。

Bohemians Go On BURBERRY PRORSUM
バーバリープローサム、旅へと誘う服。

別冊付録
オーデマピゲ、複雑時計の美学。

PenNews
EDITOR’S VIEW / TOKYO NEWCOMERS / WORLD SCOPE
DESIGN LOG / FASHION SQUARE

腕時計のポートレイト #112 ーー並木浩一
「黒モノ」家電コンシェルジュ ーー麻倉怜士
WHO’S WHO 超・仕事人
ART BOOK CINEMA MUSIC 
小山薫堂の新四輪書 ただいま、商談中 第6回 
日産ジューク NISMO RS

そして怪物たちは旅立った。ー27 ーーー島地勝彦  
Brand New Board
次号予告




No.393