No.373

ブライトリングを知っているか?

孤高の腕時計ブランド
ブライトリングを知っているか?

2014年 12月15日号 No.373 ¥602(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

クロノグラフの腕時計が欲しいと思った時、
思い浮かべるのは、いったいどんなブランドだろうか。
機械式時計好き、飛行機好きの男であれば、
それが「ブライトリング」である確率は、きっと低くないはずだ。
いまから130年前に、スイスの小さな村で産声を上げたこのブランドは、
航空界の発展とともに歩みながら、クロノグラフの進化に名を刻み、
「ナビタイマー」や「クロノマット」といった名作を世に送り出した。
2014年のいま、屈指の人気ブランドとして輝きを放つブライトリング。
いまなぜ、この腕時計なのか? その魅力を徹底解明する。

ページを見る

  • お待たせしました! 12/15号のPenは、クロノグラフの名門「ブライトリング」の大特集です。といっても、腕時計に詳しくない人には耳慣れない名前かもしれません。1884年に創業されたこのブランドは、世界中のパイロットに愛用されるクロノグラフの名門であり、上写真の「ナビタイマー」や「クロノマット」といった名品を擁する人気ブランドです。特集では、その歴史や魅力をひも解きながら、アーカイブに眠る名品やいま買うべき注目モデルまで、全方位から分析&紹介をしています。
  • 9月、本格的に取材を始めたPenチームが訪れたのは、時計の街で知られるスイス・ラショードフォンの自社工場「クロノメトリー」です。緑の中で静かに佇むその様子は、まるで先端技術の研究所のよう。しかもこの場所で生みだされる時計は、すべてスイスの公認機関であるCOSCの認定をパスした高精度のもの。ほかに並ぶブランドのないこの「偉業」を達成し続ける工場とは、いったいなにが違うのでしょうか?? 本誌では、その秘密をたっぷり読み解き、紹介しています。
  • ぜひご覧頂きたいのが、クロノメトリーに保管された貴重なアーカイブの時計です。たとえば懐中時計の趣を色濃く残す1915年頃のクロノグラフ。英国軍機に装備された、無骨きわまりないコクピットクロックなど。航空界と密接に結びつき、「プロのための計器」とうたわれるブライトリングがいかに築き上げられたのかを、これらの時計は雄弁に語っているのです。ほかにも、角形からクオーツ式まで、知られざる傑作時計を紹介するページも収録。ファンならずとも必見のページです。
  • 特集では、ブライトリングの世界を彩るふたりの職人(プロフェッショナル)にクローズアップ。さらに、この世界に魅せられた、3人の愛用者を紹介。1人目に登場するのは国民的バンド「ドリームズカムトゥルー」の中村正人さん。中村さんは、なんと20年以上にわたるブライトリングの愛用者。はじめて手に入れた当時の「クロノマット」をいまも大切に持ち続け、なおかつ最新のモデルまでを所有。その大事なコレクションをPenのために紹介してくれました。ぜひ、実際でご覧ください!
  • 歴史やモノづくりの背景も大切ですが、やっぱり気になるのは最新モデル。そういう方にお薦めしたいのが、注目モデル20本をピックアップしたこのページです。ブランドの魅力を体現する「フラッグシップ」の5本、いま人気の「黒」をまとったシックな3本、「空の時計」のブランドながら実力派がそろった「ダイバーズ」の4本、日本人好みが並ぶ「日本限定」の4本、「シンプル」さで勝負する4本まで。多彩なラインナップから厳選した計20本を、撮り下ろしの写真でお楽しみください。
  • たっぷりとブライトリング特集を味わった方にお届けするのが、14人のモノ好きたちの愛用品を紹介する第2特集です。「タケオキクチ」のデザイナー、菊池武夫さんが30年以上大切にしている傘とはどんなものか? 数々の雑誌を手がけるアートディレクターの藤本やすしさんが、色や素材違いで25本も所有するパンツとは?? 現代の目利きたちが選びとった名品とその「理由」には、モノを愛し、モノ選びを愉しむ秘訣がたっぷりと隠されています。こちらも必読の、充実した特集です。

目次

孤高の腕時計ブランド ブライトリングを知っているか?

強さと美しさを併せもつ、最新のクロノグラフ

PART 1  THE LATEST BREITLING これが、最新のブライトリング
CEOが語る、ブライトリングの未来像。
背骨を貫く、「アヴィエーション」というDNA
時計づくりの静かなる最前線、クロノメトリーへ。

PART 2  INSIDE OF BREITLING 知られざるブライトリング
「自社製ムーブメント」は、なぜ凄いのか?
独自なフォルムは、いかに出来上がったのか?
「違い」きわだつ部品は、こうして完成する。

PART 3  HYSTORY OF BREITLING ブライトリングの物語
名門の歴史を築いた、スペシャルな時計。
栄光に彩られたクロノグラフ、 130年の歩み。
角形からクオーツ式まで、知られざる傑作時計。

PART 4  MORE ABOUT BREITLING もっと知りたい、ブライトリング
「空の時計」の世界を彩る、唯一無二の職人たち。
その世界に魅せられた、3人の愛用者。
究極の計器、「エマージェンシー」をご存じか?
機能美を堪能する、いま買うべき 20の注目モデル
 FLAGSHIP/フラッグシップ  BLACK/黒 DIVER'S/ダイバーズ  JAPAN LIMITED/日本限定  SIMPLE/シンプル
日本が誇る、「クラブ・ブライトリング」の魅力。
 1.スタジオ・ブライトリング 2.インフォ・ブライトリング
 3.メンバーズサロン

第2特集 

モノ好きが語る、日々の愛用品。

腕時計のポートレイト #092  並木浩一

BALL WATCH ENGINEER MASTERⅡPILOT GMT
世界中の暗闇で時を告げる、自発光かつ機械式。

Gentleman Get Dressed up

華麗に着崩す、紳士のドレスアップ

Pen Online Shopping

STUSSY Livin’ GENERAL STORE ステューシー リヴィン ジェネラルストア

PenNews

EDITOR’S VIEW . TOKYO NEWCOMERS . WORLD SCOPE
DESIGN LOG . FASHION SQUARE

WHO’S WHO 超・仕事人

「黒モノ」家電コンシェルジュ ─麻倉怜士

Creator’s fileアイデアの扉#012

35歳からの錆びないカラダ第12回 ─Atsushi

ART BOOK CINEMA MUSIC

小山薫堂の四輪書 第12回 ロールス・ロイスの巻

Brand New Board

そして怪物たちは旅立った。─07 ──島地勝彦

次号予告

No.373