No.363

ゴジラ、 完全復活!


ゴジラ、 完全復活!

2014年 07月15日号 No.363 ¥602(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

誕生から60年の今年、ハリウッド版『GODZILLA』として、あのゴジラが帰ってきた。
日本映画界が世界に誇るヒーロー、ゴジラが誕生したのは1954年11月3日のこと。
東京湾から上陸したゴジラが、銀座の街を破壊する。その大きさ、重厚な恐ろしさに、
観客は心を奪われ、960万人動員という空前の大ヒットを記録した。
その高い映像クオリティは、日本はもとより海外でも高い評価と人気を獲得する。
新作の監督に抜擢されたギャレス・エドワーズは、日本のゴジラを見て育ったというだけに、初代ゴジラを彷彿とさせるハリウッド版は、ゴジラ完全復活を思わせる完成度だ。
誕生秘話から全28シリーズ解説、最新作の紹介まで、
ゴジラのすべてがわかる、完全保存版!

ページを見る

  • 日本映画界が世界に誇るヒーロー、ゴジラが誕生したのは1954年11月3日のこと。そのテーマは反戦、そして核への警鐘だったといいます。東京湾から上陸したゴジラが、銀座の街を破壊する。その大きさ、凄みのある圧倒的存在感に観客は心を奪われ、動員数960万人という空前の大ヒットを記録しました。それから60年の今年、ハリウッド版『GODZILLA』として、あのゴジラが帰ってきました。ゴジラ、完全復活!この一冊を読めばゴジラのすべてがわかります。
  • 全世界で、さまざまな興行記録を塗り替えて大ヒット中のハリウッド版『GODZILLA』。いよいよ7月25日から日本でも公開されます。こだわりいっぱいのディテールは圧倒的迫力。CG製ではあるものの、明らかにスーツアクターを仮想したゴジラの動きは日本のゴジラファンの心をわしづかみにするはずです。かつて怪獣映画全盛時代に世界中の少年たちを興奮させた怪獣王の姿が、ギャレス・エドワーズ監督のゴジラに見事に踏襲されています。是非、映画館に足を運んでください。
  • 世界中にファンがいるのが、ゴジラの特徴です。今回の特集ではイタリア、アメリカを中心に世界のゴジラファンを5人を取材しました。アメリカ・ロードアイランドに住むボブ・エグルトンはSF小説の表紙などで有名なプロのイラストレーター。少年時代からゴジラを愛し、ゴジラに接するために何度も来日。エキストラとしてゴジラ映画に出たこともある人物です。少年時代の孤独を感じていたときに助けてくれたのも、ゴジラ。その物語は特集内の記事でどうぞ。
  • ゴジラ映画が紡いできた60年は、“ライバル怪獣”たちとの熾烈な戦いの歴史でもあります。そんな怪獣を6ページで紹介。最大のライバル宇宙怪獣「キングギドラ」や巨大蛾怪獣「モスラ」、人間がつくった究極のロボット兵器「メカゴジラ」……。そんなゴジラを苦しめた悪役たちの中には、リクエストに応えて何度も登場した人気役者も多数存在しています。昭和から平成へと、ファンの世代も人気も移り変わるライバルたちに注目することで、あのゴジラの大決戦が蘇ります。
  • 日本版のゴジラは1954年以降、全28作品が制作されました。そしてそのゴジラを迎え撃った、さまざま兵器が登場しています。第1作では、水中酸素破壊剤「オキシジェン・デストロイヤー」という名の残酷な科学兵器でゴジラを葬りました。また当初は駐留米軍より供与された兵器で戦っていた自衛隊(劇中では「防衛隊」との呼称もあります)ですが、やがて国産戦車や国産戦闘機を駆使して戦います。ゴジラ映画の歴史は、自衛隊が保有する兵器の歴史ともリンクするのです。
  • トイやフィギュアなどゴジラグッズは多数あります。そんななかで他とは一線を画す、リアルな造型と迫力のある表情を実現するのが原型師/造型師の酒井ゆうじさん。バンダイを中心にリアルなフィギュアの原型を20年以上も制作してきました。我々は福島にある秘密のアトリエを現地取材。ゴジラ映画を製作するときに撮影した一枚のスチール写真やひとコマのシーン、それらをひたすら追求し、リアルな造型をつくる酒井さんのこだわりは相当なものでした。写真のように、アトリエの中はまさにゴジラの巣窟です。

目次

「ゴジラ誕生」に秘められた、メッセージ
すべてが手探り、日本初のスーツアクター │スーツアクター中島春雄
誕生からずっと、ゴジラに寄り添った造形家。 │造形家 開米栄三

証言者たちが語る、それぞれの熱き思い。

田中友幸プロデューサーから、託されたモノ
│元東宝映画プロデューサー 富山省吾
円谷英二から学んだ“特撮演出”の極意とは。 │特技監督 中野昭慶

人気作品と誕生背景で振り返る、ゴジラ年表。
名曲を生み出した、伊福部 昭の感性。
全29作品のストーリーを、徹底解説。
シリーズ化の原点は、第2作目だった。
人気作品と誕生背景で振り返る、ゴジラ年表。
名曲を生み出した、伊福部 昭の感性。
全29作品のストーリーを、徹底解説。
シリーズ化の原点は、第2作目だった。
60年間で大きく変わる、ゴジラの顔。
ゴジラに破壊された、日本全国の名所。
ハリウッド版新作が、全世界を征服する。

若き才能がつくる、王道怪獣映画とは。

監督 ギャレス・エドワーズ

ゴジラは紛れもなく、大人の映画です。

俳優 渡辺 謙

海外のクリエイターも、ゴジラが大好き。

映画監督 マイク・ジョンソン 、イラストレーター ボブ・エグルトン…ほか


激闘を繰り広げる、ライバルがいた!!
こんな名脇役も多数、登場してます。
日本を守り迎撃した、自衛隊の兵器とメカ 
ポスターは、グラフィックの「特撮」だ。
ブームが生み出した、ユニークな怪獣たち。
超精巧な原型は、このアトリエから生まれる。
好きなら押さえておきたい、4つのトリビア
ヒーローを身近に感じる、最新グッズ

特別付録

新旧ゴジラ特大ポスター

第2特集

世界が注目する「パーソナルなホテル」
アンダーズが 東京にやってきた。

腕時計のポートレイト ─並木浩一 HAMILTON JAZZMASTER VIEWMATIC SKELETON GENT

表と裏を大胆に見せる、
スケルトンの新しい作法。

Chic and Easy SUMMER TRAD

軽やかに着る、夏のトラッド

新連載

Creator's fileアイデアの扉 002

藤田貴大演劇作家/「マームとジプシー」主宰 
音楽のように戯曲を奏でる、
演劇界のアンファンテルブル

35歳からの錆びないカラダ 第2回

Atsushi ファッション&ライフスタイルプロデューサー
朝食にご飯はNG、
フルーツと水だけで十分です!

小山薫堂の四輪書 │第2回シトロエンの巻

初めての愛車の感動を、
もう一度思い出そう。

PenNews

EDITOR'S VIEW / TOKYO NEWCOMERS / WORLD SCOPE
DESIGN LOG / FASHION SQUARE

「黒モノ」家電コンシェルジュ ─麻倉怜士
WHO'S WHO 超・仕事人
PEN'S EYE
ART/BOOK/CINEMA/MUSIC
Brand New Board
次号予告

No.363