No.357

いまこそ知りたい、ブラジル


いまこそ知りたい、ブラジル

2014年 04月15日号 No.357 ¥602(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

今年6月にW杯、2016年にオリンピック開催と
多くの人々を熱狂の渦に誘い込む、ブラジル。
850万㎢という南米最大の広さを誇る彼の国では、
先住民、ポルトガル人、アフリカ系、各国移民と、
混血が進み、人々も文化もミックスされ熟していった。
リオ・デ・ジャネイロはそのひとつのクライマックス。
コルコバードのキリストに抱かれたこの街では、
ビーチで遊び、サッカーに燃え、サンバに酔うのは日常。
そんな野性的な都市が世界にあっただろうか。
私たちはまだ知らないのだ、この国の本当の面白さを。
未知の引力で世界中を誘惑する、さあ、ブラジルへ!

ページを見る

  • 4月1日発売のPenは、ブラジルの大特集です。6月からサッカー・ワールドカップ、2年後の2016年にはオリンピック開催と、2つものビッグイベントを連続で控え、世界がブラジルに大注目しています。20世紀初めに遡る多数の日系移民をはじめ、日本とは古くから関係が深い国ですが、ここであらためてブラジルをチェック! 南米大陸で最大の広さという国土は、実際何平方キロメートル? 公用語は? 宗教は? など、ブラジルの基本をQ&Aで解説。さらに旅先として人気のリオ・デ・ジャネイロのディープな楽しみ方をたっぷり紹介します。
  • 旅のディスティネーションとして、世界が恋い焦がれる街、リオ・デ・ジャネイロ。まず、リオに暮らすクリエイター3人に、この街の魅力、オススメの場所を訊きました。1人目はリオ発のファッション・ブランド「オスクレン」のクリエイティブ・ディレクター、オスカル・メツァヴァト。彼が挙げた場所は3つあり、1つめがビーチ、2つめがリオのクラシック・ホテル「コパカバーナ・パレス」、そして最後に意外なあの場所を彼は案内してくれました。オスカルの創作のソースにもなっているその場所とは? また、巨匠・家具デザイナー、セルジオ・ロドリゲスとアーティストのエルネスト・ネトのリオで愛する場所も必読です。
  • ブラジルに行ったらまず食べたいシュハスコ(シュラスコを現地ではシュハスコと呼びます)! ブラジル人は大好きで、成人男性でなんと平均750gぐらいは食べるとか。大きな串に刺した塊肉のグリルを目の前で切ってくれるのがなんとも食欲をそそりますが、いろんな部位が出てきて、どれがどうウマいのかギモンに思ったことはありませんか? そこでリオの人気店の肉専門シェフを直撃! 部位別にシュハスコのウマさを解説します。
  • ワールドカップ決勝が予定されている「エスタジオ・ド・マラカナン」。1950年ワールドカップ・ブラジル大会に合わせて建てられたスタジアムですが、この時、ブラジルは惜しくも決勝で敗北。今年こそはこの史上に残る雪辱をはらさんと、ブラジルの人々は切望しています。昨年大改装を経て明るいデザインになったマラカナンを、スタジアム、ロッカールームと紹介。大舞台となるスタジアムを誌面でまずは一望してください。
  • 実はリオでよく聴かれているのは、ボサノヴァではなくサンバ。それもカーニバルのサンバのような大掛かりな演出がされたものではなく、数人のバンドが演奏するライヴのサンバです。リオで活躍する歌手フラヴィア・ムニツさんに、カリオカたちがふだんよく聴きに行くという音楽スポットを案内してもらいました。カーニバルチームの公開リハも、クラブに行くような感覚で楽しめるなんて、ご存知でしたか?
  • ブラジルのことをもっと知りたくなったら、まずはポルトガルとの歴史をおさえましょう。ポルトガルの植民地であったブラジルにはさまざまなその名残がありますが、特にナポレオンの侵攻で王室や貴族が亡命したリオには、ポルトガル王族の遺産が点在しています。この写真はリオの旧市街セントロに残る、ポルトガル王室図書館。ポルトガルにまつわる書籍が40万冊も収蔵されています。特集にはこのほか、サンパウロに暮らす日系移民ファミリーの物語、アマゾンの大自然、ブラジル文学や映画も紹介。まさにこの一冊に、いますぐ知りたいブラジルのことが詰まっています。ぜひ手に取ってみてください。

目次

これだけは押さえておきたい、基礎知識。

個性豊かな5つの地域をまるごと分析。

いま注目、リオ・デ・ジャネイロ最新案内。

オスカル・メツァヴァト(オスクレン クリエイティブ・ディレクター)
セルジオ・ロドリゲス(家具デザイナー/建築家)
エルネスト・ネト(アーティスト)

男を虜にする、さらにディープなリオへ。

TASTE 味わう
つまんで一杯、気楽に呑れるバール&カフェ
ウワサの「シュハスコ」、部位別に解説します。
極上のカシャッサは、現地だから味わえる。
人気のジュース・スタンドで、南国フルーツを飲み比べ!

FOOTBALL サッカー
W杯決勝の舞台、これが新生マラカナンだ!
リオの人気クラブで、公式グッズをチェック!

MUSIC 音楽
多様な民族文化が、独自の音楽を生んだ。
カリオカが案内する、路上ライブや公開リハ

BUY 買う
欲しくなる!リオ発のファッション&雑貨。

ARCHITECTURE 建築
建築とデザインで、リオの魅力を再発見。
行くべきアドレスは「リオMAP」に任せろ!

HOTEL 泊まる
旅を彩る、こんなホテルに泊まりたい。


色濃く残る、ポルトガルとの関係をひも解く。
人々の心を支える、素朴な信仰の姿とは?
100年を超える、日系移民の歴史をたどる。
コーヒー文化の中心地、サンパウロの今昔。
独自の思想で生きる、先住民族インディオ
アマゾンとパンタナールが生む、豊かな生態系。
進化を続ける人工都市、ブラジリアのいま。
世界を舞台に活躍する、 10人のキーパーソン
4人の“ツウ”が選んだ、お薦め本はこれだ。
ジャンル別で観る、ブラジル映画のススメ

腕時計のポートレイト ─並木浩一

A.LANGE&SOHNE SAXONIA ANNUAL CALENDAR
完璧主義者が手がけた、年次カレンダーの均整。

Modern Silhouette LANVIN

破調の美が宿る、ランバンのエレガンス

数字が語る、クルマの真実。 ─サトータケシ

輸入4ドアセダンの全長
コンパクトな高級車という、新ジャンルのセダンが生まれた。

PenNews

EDITOR’S VIEW/TOKYO NEWCOMERS/WORLD SCOPE
DESIGN LOG/FASHION SQUARE
「黒モノ」家電コンシェルジュ ─麻倉怜士
WHO’S WHO 超・仕事人
ART/BOOK/CINEMA/MUSIC134
創造の現場。─ベンジャミン・リー
Brand New Board
salon de SHIMAJI ─島地勝彦

No.357