No.355

GENTLEMAN'S RULE BOOK

2014年・春夏ファッション特大号
GENTLEMAN'S RULE BOOK

2014年 03月15日号 No.355 ¥667(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

お洒落に対して常にアグレッシブでありたい、そんな男たちにお届けするPenのGENTS.特集第2弾。この春夏シーズンの最旬ファッションをアイテムやコーディネートだけでなく、男をアゲる“ルール”とともに提案します。身なりだけじゃなく、気持ちまでアガること必至です。

ページを見る

  • 3/1(土)発売のPen最新号は、春夏ファッション特大号「GENTLEMAN’S RULE BOOK いま男が読むべきルールブック」です。お洒落に対して常にアグレッシブでありたいと願う男たちにお届けする、ジェンツ特集第2弾(第1弾は昨年9/15号)。タイトルが示す通り、本企画はただ最旬アイテムやトレンドを紹介するだけのファッションガイドではありません。男にささる最旬ワードローブと知っておくべきルールが満載なのです。まず巻頭ではある男の日常を追うストーリー。男たるもの、いついかなる時も美意識とともに服を纏うべし、といった鉄則を紹介。今号を読み解けば、身なりだけじゃなく気持ちまでアガること必至!です。
  • 男がお洒落について考える時、気にするのはただ最新のトレンドやアイテムを追うことだけじゃないですよね。「着こなしとセレクト、旬を纏う14のルール」では、リネンジャケットやポロシャツなど男が大好きな定番のアイテムから、“ハズシ”のためのアクセサリーやパジャマまで、今春ジェンツが押さえるべき14のアイテムとその着こなしを指南します。たとえばリネンジャケットの場合――そもそもリネンとはどういう特性のある素材なのか、どんなポイントを気にしてアイテムを選ぶべきか、そして合わせるパンツはどんな素材であるべきか――本誌WEBサイトPen Onlineの人気ブロガー高橋一史さんが、ためになるうんちくで解説してくれます。
  • ルイ・ヴィトンやグッチ、プラダなど人気ブランドの最旬ルックは、ベトナム・ハノイからオールロケでお届け。バイクがひっきりなしに走る雑多な街中や、ベトナムの原風景が残る田舎、そしてフレンチコロニアルが薫るラグジュアリーなホテル……。「これぞベトナム!」というエキゾティックな風景のオンパレードで、どこもクールな服の数々にぴったりなロケーションです。チェック・オン・チェックの若々しいセットアップや、今年らしい真っ白のスーツ、フローラル柄を挿したコーディネートなど、各ブランドのイチオシルックだけでなく、ベトナムの原風景も楽しめる、ひと粒で二度おいしい特集になりました。
  • 人気ブランドの新作は、服だけでなく靴とバッグにもフィーチャーします。靴とバッグがコーディネートのキモになることは、男性諸氏ならみなわかっていることですよね。でもコーディネートを完成させるアクセサリーという意味だけではなく、さらに一歩進んでみませんか。だってこの魔法の小物で、まったく新しい自分を演出することもできるんですから。「靴とバッグの新法則」では、靴とバッグの相性や、都会でリゾートを感じさせてくれる靴とバッグ、旅先の最小限の荷物のなか最大限にお洒落を発揮できる靴など、スマートな靴バッグ選びを紹介します。
  • 毎年1月にスイス・ジュネーブで開催されるのが、「SIHH」を中心とした腕時計の展示会。腕時計における1年の流行を占う一大イベントです。毎年、徹底取材しているPen取材班は、今年も現地へ飛び、ほとんどのブランドを取材しました! 今年は、会場を沸かせたダイバーズウォッチや天体を題材とした腕時計がトレンドセッターとなる予感。詳しくは、本誌でじっくりご覧ください。ちなみにPen Onlineでも、「SIHH取材メモ ちら見せ!」と題し、新作モデルをちら見せしていますので、ぜひアクセスしてみてください。
  • 春夏のお洒落満載の今号には、別冊「あの懐かしいスタイルが帰ってきた!アメトラの教科書」が付録としてついています。ご存じの方も多いと思いますが、1818年のブルックス ブラザーズの創業こそがアメトラの歴史の幕開けでした。まずは以来約200年の間に生まれたアメトラの文化を年表形式でわかりやすくご紹介。モダンなフィット感のボタンダウンシャツなど、アメトラ定番アイテムもいまの気分で厳選しています。さらには着こなしもアップグレード。たとえば、パンツの裾の折り返しを2.5cmにすると、トラッドなスタイルにモード感をミックスできる……など、コーディネートのポイントをわかりやすく解説。

目次

着こなしとセレクト、旬を纏う14のルール 

RULE#01│紳士が選ぶ春のテーラードは、リネンジャケット
RULE#02│遊び心あるポロシャツを、さりげなくインナーに。
RULE#03│リラックススタイルには、太めの白パンツが効く。
RULE#04│部屋着ファッションは、やっぱりパジャマで楽しむ。
RULE#05│ドレスアップは、脱コンサバに。
RULE#06│ショート丈ブルゾンは、羽織るように着る。
RULE#07│伝統柄を取り入れるなら、ストライプを選べ。…ほか

Gentlemen in Vietnam

靴とバッグの新法則。

≪別冊付録≫ あの懐かしいスタイルが帰ってきた!アメトラの教科書。

*まずは知っておきたい、アメトラの系譜。
*いま着るべき、注目のブランドはこれだ。
*シック&ナードなトラッドの着こなし方。
*いつまでも色褪せない、永遠の逸品を選べ。
*アメトラ気分にプラスしたい、服・小物。

とじ込み特集 ジュネーブ発、最新腕時計リポート

PenNEWS | EDITOR’S VIEW

01 |ボッテガ・ヴェネタダイバーズウォッチ
独創性あふれるダイバーズは、ラバー製ストラップに注目!

PenNEWS | FASHION SQUARE

01 | LOUIS VUITTON
ショーツで、西海岸の風を感じろ。

02 | GUCCI
春夏に映える、華やかなカラースーツ

03 | HERMES
洗練のスカーフが、洒落度を上げる。…ほか

PenNews

EDITOR’S VIEW/TOKYO NEWCOMERS/WORLD SCOPE
DESIGN LOG/FASHION SQUARE
腕時計のポートレイト ─並木浩一
「黒モノ」家電コンシェルジュ ─麻倉怜士
WHO’S WHO 超・仕事人
salon de SHIMAJI ─島地勝彦
ART BOOK CINEMA MUSIC 
創造の現場。─ベンジャミン・リー
数字が語る、クルマの真実。─サトータケシ
Brand New Board

No.355