No.348

わがままに暮らしたい。

こだわりの住まいとアトリエ
わがままに暮らしたい。

2013年 11月15日号 No.348 ¥619(税抜)

オンラインで購入

デジタル版

国内からは、親世帯と子世帯の暮らし、男の流儀が詰まった偏愛の家、切妻屋根の家型の家、
リノベーションした再生の家という4つの視点で、わがままな暮らしを叶えた13軒を紹介。
海外からは、クリエイターやアーティストの個性派アトリエ7軒を集めた。
自分らしいスタイルを追求する、暮らし上手たちから家づくりのヒントを学ぼうではないか。

ページを見る

  • 毎号、人気を集めている住宅の特集号。今回は「わがままに暮らしたい。」と題して、国内で13の住宅、海外で7のアトリエを紹介します。国内の住宅は、「親世帯と子世帯の暮らし」「男の流儀が詰まった偏愛の家」「切妻屋根(スヌーピーの小屋を想像していただけるとわかりやすいですね)の家型の家」「リノベーションで生まれ変わった再生の家」という4つのテーマからアプローチしています。海外ではクリエイターたちにこだわりのアトリエを見せてもらいました。国内の住宅も海外のアトリエも、暮らし上手たちの自分らしさが詰まった箱になっています。その魅力の秘訣はいったいなんでしょう。
  • ひとつめのテーマ「親世帯と子世帯の暮らし」では、変わらずに受け継がれる感性、世代ならではのアプローチ、両者が併存している2家族に登場いただきました。写真の山本邸は、子どもたちが独立した後に建て替えた親世帯の家。ファッション雑貨のブランドをプロデュースする母、桂子さんの世界観の魅力は、世界各地を旅した感性が生み出したミックスカルチャーの美しさにあります。玄関を排し、中庭からサンルームへと直接アプローチする解放感ある家には、端正な家具からモロッコグラスまでが併存。一方で息子世帯の家はというと…ぜひ誌面で両者を比較してください。
  • テーマのひとつ、「偏愛の住まい」は男のこだわりに満ちた住宅をピックアップしました。富山と都内で建築設計やインテリア、インテリアの販売を行う「五割一分」の代表・角谷茂さんの家は、編集部やスタッフのなかでも「うらやましい」と声が上がった物件のひとつです。大きな箱型のシンプルな家には、名作家具をはじめ、角谷さん好みのものが並んでいます。高い天井もあり、開放的で気持ちのいい空間はどこか海外の空間のようでもあります。角谷邸をはじめ、男性のみならず女性も羨む家を紹介していきます。どの家に住みたいか、ぜひ考えてみてください!
  • 切妻屋根(三角屋根を想像してください)という、日本の住宅の典型的な形状の家が若い建築家たちの作品に増えています。なぜ切妻?まるで三つ子のような3軒の住宅を紹介しますが、兄弟のように見えて中身はまったく違います。島田陽さん設計によるI邸は、大阪平野が見渡せる高台に立ちます。古い住宅街のなかに突如現れた絶景の家は、高低差を生かして、家のなかにいろいろなシーンをつくりだしていて、住宅街ながらまるで別荘で暮らしているかのような高揚感があります。島田さんならではの、細やかなディテールも見どころのひとつ。誌面にてご確認ください。
  • そして海外編はクリエイターたちのアトリエです。まずトップバッターは、フランスから建築家集団シグーのアトリエ・オフィスが登場。パリのイソップなどのインテリア、東京ではイザベルマランのショップなどを手掛ける若手ならではの、ざっくりとした質感とこだわりが共存する雰囲気にあこがれる男性読者も多いのでは。男所帯で気がつくと乱雑になりがちな彼らのアトリエ、実はいくつかのルールがあります。そのルールがひとつの見どころ。廃材などを手に入れつつ、試作も数多く残るアトリエ、こまかなところに思わず目がいってしまいます。
  • なにもアトリエは室内だけにこだわる必要はありません。シンガポールのランドスケープデザイナー、チャン・ファイヤンさんのアトリエを初めて見たときは思わず息を呑んでしまいました。古いウェアハウスをリノベーション、拡張していったアトリエは、まるで亜熱帯の森のなかにいるかのような空間です。アウトドアリビングならぬ、アウトドアオフィスまである羨ましいアトリエは、使っていくうちにどんどん進化していったそう。シンガポールのビジネス街の中心にある、緑の楽園。もちろん室内も素敵なんです。ぜひ誌面にてすべてをご覧ください。

目次

わがままな暮らしを実現する、 13の家。

[親]山本邸 東京都世田谷区
成熟した視点が生み出す、ミックススタイル

[子]山本邸 東京都目黒区
人々が自然に集まる、軽やかな暮らし方。

[親]金森邸 [子]金森+横山 東京都杉並区
街と家族の記憶を受け継ぐ、世帯住宅。

角谷邸 富山県富山市
家造りに大切なのは、わずか一分のさじ加減。

ダヴィッド・グレットリ邸 京都府京都市
町家とモダン家具の、軽妙なコントラスト

猪飼邸 東京都新宿区
「0」にすることで実現した、自分だけの空間。

角田邸 東京都目黒区
部屋を、床面積ではなく体積で考える。

I邸 大阪府東大阪市
高台に浮かぶように立つ、三角屋根の家。

永冨邸 奈良県生駒市
絶景と回遊の家で、子どもたちの歓声が沸く。

Y邸 東京都世田谷区
光と空間を明るく開放する、六角形の天井。

I邸 東京都千代田区
壁画の花が、我が家のリビングで咲き誇る。

廣田邸 東京都渋谷区
既存の魅力は活かし、無駄を削ぎ落とす。

手のなかの海 香川県高松市
旅人ではなく、島に根付くための小屋。

世界7都市・アトリエから、こんにちは。

シグー(建築家集団)│パリ│
機能性と再利用(リサイクル)、作風そのままの空間。

フレデリック・ヴレートマン(アーティスト) │ストックホルム│
ボヘミッシュで光溢れる、創造の基地。

フランク・リーダー(ファッションデザイナー) │ベルリン│
モノが経てきた、年月や物語に惹かれる。

ポリー・モーガン(アーティスト )│ロンドン│
らせん階段がつなぐ、虚構と現実のフロア

チャン・ファイヤン(ランドスケープデザイナー) │シンガポール│
緑の楽園?いえ、ビジネス街の中心です。

ステファノ・ビーニ(建築家)│ミラノ│
生きざまをドラマティックに飾る、元劇場。

ジェフ・ワーデル &クラウディア・サガン
(アートコンサルタント/プロデューサー) │サンフランシスコ│
家の中のコンテナで、非日常にトリップ!

Comfortable & Elastic HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE

心地よく軽やかに纏う、オムプリッセイッセイ ミヤケ

Go to the Fields BURBERRY

いざフィールドへ、バーバリーの誘惑。

Pen Online Shopping

KLETTERWERKS(クレッターワークス)
http://pen-select.jp
(PC/モバイル)

PenNews

PenNews
EDITOR’S VIEW/TOKYO NEWCOMERS/WORLD SCOPE
DESIGN LOG/FASHION SQUARE
腕時計のポートレイト ─並木浩一
「白モノ」家電コンシェルジュ ─神原サリー
TOKYO INVITATION
極上マテリアルに宿る、フェンディの煌めき。
4Kの楽しみを、多彩に広げるビエラ
WHO’S WHO 超・仕事人
CINEMA MUSIC ART BOOK 
創造の現場。 ─ベンジャミン・リー
数字が語る、クルマの真実。 ─サトータケシ
Brand New Board
salon de SHIMAJI ─島地勝彦

No.348