ビジネスシーンで試してわかった、ソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」の革新性。

写真:星 武志 文:高野智宏

コンパクトかつスタイリッシュなデザインで、壁際に置くだけで20インチから80インチの大画面を投影する、ソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」。この革新的なプロジェクターがビジネスシーンでどのように活用できるのか、クリエイティブの現場から紹介します。

ビジネスシーンで試してわかった、ソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」の革新性。

ショーリール(企業紹介動画)を壁面に投影した、シフトブレインのエントランス空間。超短焦点レンズを搭載した「LSPX-P1」は壁際に配置することが可能で、“ポスター機能”によりサイネージのように使える。

空間に溶け込むシンプルなフォルムと、片手で持ち運べるコンパクトなサイズ感など、とてもAV機器とは思えないスタイリッシュなデザインを纏う、ソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」。その携帯性やデザインはもちろん、壁際に置くだけで最大80インチの大画面を映し出し、しかも壁面をはじめ机や床にも投影が可能という、従来のプロジェクターではなしえなかったセッティングの自由度の高さが人気を博しています。

小型サイズながらバッテリーとスピーカーを搭載し、屋内のさまざまな場所で映像と音楽を楽しむことができるLSPX-P1は、まさにホームユースとして最適なプロジェクターといえるものです。しかしその携帯性に優れたコンパクトな仕様と多彩な投影スタイル、そしてセッティングの省スペース化が、ビジネスシーンでも大きなメリットとなることはあまり知られていません。

そこでデジタル領域におけるデザインやテクノロジー、コミュニケーションプランニングで高い評価を得ているクリエイティブプロダクション「シフトブレイン」に協力いただき、ビジネスの現場でLSPX-P1がどのように活用できるかを検証してみました。グループミーティングから各自のデスクワーク、そして社内プレゼンやオフタイムの休憩時など、実際の活用シーン例を紹介していきます。