フランス中を魅了している新しい“赤”、新型ルノー「ルーテシア」が大人の男女を虜にする理由とは?

写真:関根虎洸 文:青木雄介 フラワーコーディネート:宇田陽子(logi)ムービー:HIROBA

新しく生まれ変わったルノーの人気モデル「ルーテシア」。この一台に乗った男と女が、東京のフランスを感じるスポットで1日を過ごしたら? きっとルーテシアの魅力に恋をせずにはいられないはずです。

フランス中を魅了している新しい“赤”、新型ルノー「ルーテシア」が大人の男女を虜にする理由とは?

思わず目を奪われるプロポーション、ハンドルを握れば恋が始まってしまうかも知れません。ルノーのルーテシア(欧州名:クリオ)は、フランスでもっとも売れている(※)国民的コンパクトカーです。その人気はフランス本国だけでなく欧州でもトップクラスに位置し、これまでの累計販売台数は1300万台以上! その愛され方はさながら“ヨーロッパが恋するフレンチイズム”と評したくなるほどです。

ルノーのデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」において、「LOVE」をテーマにしているルーテシア。「愛を育み、人生を共有する“きっかけ”の時間を過ごすのにふさわしいクルマは何か?」というその問いかけとともに、ここにまた新たな変身を遂げました。よりエレガンスになったその変身ぶりと、ルーテシアが愛される理由を紹介しましょう。



(※)2016年1月~12月フランス国内における四輪車販売台数を対象としています。
出所:フランス自動車工業会2017年1月2日付・フランス国内ではRenault CLIOとして販売。