【EOS M6×6senses:写真×ファッション】デザイナー・菊池武夫にとって、“写真”はいかなる存在なのか?

文:三木匡 写真:TISCH ムービー:谷山武士/ディレクション、TISCH/撮影、ホンマカズキ/編集、INDEEA/音楽

日本のファッションシーンを作り上げた伝説的存在にして、いまなお精力的に活動し続けるデザイナー、菊池武夫。そのクリエイションと写真の関係に迫りました。


1970年代、日本中を席捲したDCブランドブームの火付け役としてシーンに登場して以来、日本におけるメンズファッションの第一人者として、およそ50年にわたり活躍を続けるデザイナー・菊池武夫さん。シーズンごとのコレクションの撮影など、ファッションにとって「写真」は切り離せない存在です。
「ファッションという“瞬間のもの”をつくっているので写真にはすごく憧れがある」と語る菊池さんご自身、日常的にカメラを持ち歩き、写真を撮られるといいます。2012年に「TAKEO KIKUCHI」ブランドのクリエイティブ・ディレクター復帰と同時にオープンした旗艦店、「TAKEO KIKUCHI渋谷明治通り本店」2階に構えるアトリエに菊池武夫さんを訪ね、そのクリエイションと写真の関係に迫りました。