【EOS M6×6senses:写真×映画】俳優・妻夫木 聡の感性を刺激する、映画と写真の関係とは?

文:高野智宏 写真:TISCH ムービー:谷山武士、中村三太/ディレクション、TISCH/撮影、ホンマカズキ/編集、INDEEA/音楽

日本映画界に欠かせない俳優の一人である、妻夫木 聡。世代を代表するトップランナーとして輝く彼の感性は「写真」から刺激を受けることも多いそう。映画と写真の関係やその魅力について、語ってもらいました。


話題作「悪人」で2011年の日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得するなど、近年の国内映画賞ではほぼ毎年のように受賞に輝き、いまや日本映画界にとって欠かせない俳優となっている妻夫木 聡さん。そんな彼が大切にしているのが、5年前のCM出演をきっかけに興味をもった「写真」だそうです。

「その1枚に心が動かされること」と、写真の魅力を語る妻夫木さん。写真から刺激を受け、自らの感性が磨かれているのを実感することも多いという彼に、さらに詳しく話をうかがうべく、キヤノンの新型ミラーレスカメラのCM撮影現場へと駆けつけました。
自身が活躍するフィールドである映画と写真の共通点や似て非なるその関係性について、妻夫木さんご自身に語ってもらいました。