“見せないデザイン”の美しさが、空気のような心地よさにつながる。

写真:宇田川 淳 文:高野智宏 ムービー:HIROBA

超軽量アイウエアの先駆けであり、ジンズのエントリーモデルとしても人気の「Rubber Modern Airframe」がデザインも新たにリニューアル。世界各国のデザインに触れてきた編集者の猪飼尚司さんが、新たなデザインに鋭き審美眼を向けました。

ブランドの根幹をなす定番・全128モデルをリデザインした「STANDARD」や、“眼鏡づくりの聖地”福井県鯖江市の眼鏡職人とコラボレーションした「meets Sabae」など、フォルムやパーツの細部に至るまでデザインを見直すことで、新たな価値をもつアイウエアを創造する、ジンズの革新的なデザインプロジェクト「JINS DESIGN LAB.」。
今回、プロジェクトが手がけたのは、多くのジンズユーザーがエントリーモデルとして選択する人気の超軽量モデル「Rubber Modern Airframe」です。ブランドの代名詞的シリーズをあえてリデザインするということは、このプロジェクトによりブランド全体のデザインの質を向上しようという、ジンズの高い志の表れにほかなりません。
デザインを手がけたのは、ジンズのデザインチームと、シンプルでタイムレスな魅力をもつ作品で好評を博す、プロダクトデザイナーの角田陽太さん。今回のリデザインでカギとなるのは、「見せないデザイン」というキーワード。その秘密と、生まれ変わった「Rubber Modern Airframe」の魅力に、デザイン分野で活躍するフリーランス編集者の猪飼尚司さんが迫りました。