快適な“使い心地”にこだわって、変化し、進化し続ける「STANDARD」

写真:宇田川 淳 文:高野智宏 ムービー:HIROBA

世界的なデザイナーである和田智氏の監修で、定番モデル「STANDARD」のリデザインを行った「JINS DESIGN LAB.」。“流行”も“定番”も知り尽くす、スタイリストの小林伸崇さんがその魅力に迫ります。

デザインの力で新たな価値をもたらし、アイウエアをもっと身近で楽しく、そして大切なものにしていくジンズのデザインプロジェクト、それが「JINS DESIGN LAB.」です。高品質なモデルを生み出すことでジンズのデザインクオリティを向上させてきた同プロジェクトが次に手がけたのは、定番モデルを見直すことでした。

新たな定番シリーズ「STANDARD」は、カーデザインを中心に活躍するプロダクトデザイナーの和田智氏が監修を務め、定番モデル32型計128種をリデザインしたものです。今回は、なかでもクラシックな印象のアセテートモデルがいかなる進化を遂げたのかを、ファッション誌などで活躍するスタイリストの小林伸崇さんに体感してもらいました。小林さん自身にとっての定番的なアイテムを紹介してもらいながら、「STANDARD」の魅力をひも解きました。