「RAIZIN」オリジナルカクテルが楽しめる期間限定バーが、表参道に出現!

写真:外山温子(CROSSOVER) 文:和田達彦 ムービー:HIROBA

東京・表参道に期間限定のバー「#RAIZIN BAR(ライジンバー)」がオープン。多忙なビジネスパーソンが気軽に気分をスイッチできる場として設けられたこのバーの魅力を、たっぷりお届けします。

「RAIZIN」オリジナルカクテルが楽しめる期間限定バーが、表参道に出現!

地下鉄「明治神宮前駅」から徒歩5分。表参道沿いに期間限定でオープンした「#RAIZIN BAR」では、大正製薬の新炭酸飲料「RAIZIN」をベースにしたカクテルやノンアルコールカクテルを、1杯100円(2杯目以降は500円)で楽しむことができます。

今年の4月から全国で販売されているRAIZINは、ワークライフバランスを意識するビジネスパーソンに向けた新炭酸飲料。世界的に注目されているデザイナーである佐藤オオキさん率いるデザインオフィス「nendo」をクリエイティブディレクターとして迎え、パッケージデザインだけでなく、商品コンセプト、風味に至るまで共同で企画開発したものです。

商品のキャッチフレーズは「Be Smart. Be Creative.」。オンからオフ、オフからオン、また仕事と仕事の合間などに、これを飲むことでスマートに頭と気持ちのスイッチを切り替え、クリエイティブな時間を過ごしてほしいという意味が込められています。

携帯しやすく、飲み切りやすい185mlサイズの缶は、真っ白なボディに多角形をあしらったシンプルなデザイン。この多角形は、「味感」と「刺激」をチャートで表したものだとか。多角形は2つのフレーバーに合わせて、オレンジ系またはブルー系のグラデーションで彩られています。

オレンジ系のカラーリングは、辛口の「RAIZIN DRY」。ジンジャーと香辛料のピリッとした辛味を感じるキレのよい風味は、重要な仕事に向かう際など、頭をシャキッとさせたいときにお薦め。一方のブルー系は、「RAIZIN MILD」。名前通り、刺激を抑えた口当たりのよいフレーバーで、8種類の植物アロマを組み合わせた爽やかな風味が魅力です。