ラベルに何が起こったのか!? グラフィックで読み解く、「キリンラガービール」革新の歴史とは。

文:小久保敦郎

1888年の誕生以来、愛され続けてきたビールブランド「キリンラガービール」。味わいはもちろん、ラベルデザインや広告の変遷など、あらゆる世代の人々の思い出に刻まれてきた存在です。その長い歴史をグラフィックでたどりつつ、革新を続けるブランドの魅力に迫ります。

ラベルに何が起こったのか!? グラフィックで読み解く、「キリンラガービール」革新の歴史とは。

1世紀の時を超えて愛され続ける「キリンラガービール」。見慣れたラベルが、いつもと違う気がするのは……。

豊かなコクと、飲みごたえがあるホップの効いた味わい――。幅広い世代に支持される「キリンラガービール」は、まさに日本の代表的なビール銘柄のひとつです。ブランドが誕生したのは、明治時代のこと。以来125年以上にわたり、時代を超えて愛され続けてきました。また味わいはもちろん、ラベルデザインの変遷や広告展開など、あらゆる世代の人々の思い出に刻まれてきた存在でもあります。お馴染みのラベルは赤を基調とし、黄金色のたてがみをなびかせた聖獣「麒麟」が描かれたもの。だから上の写真を見た時に、「あれっ? いつもと違う!」と思った人も多いのではないでしょうか。いったい、キリンラガービールのラベルに何が起こったのか。その答えを明かす前に、まずは革新を続けるブランドの歴史をグラフィックで振り返ってみましょう。