アロマ豊かな「ソーヴィニヨン・ブラン」に出合う、カリフォルニアワインの旅。【後編】

写真:尾鷲陽介 文:鹿取みゆき

造り手の個性によって多彩な魅力を見せる品種、「ソーヴィニヨン・ブラン」のワイン。世界有数の産地であるカリフォルニアを巡り、人気のワイナリーを訪ねる旅の後編をお届けします。

アロマ豊かな「ソーヴィニヨン・ブラン」に出合う、カリフォルニアワインの旅。【後編】

カリフォルニアのソーヴィニヨン・ブランを巡る旅はまだまだ続きます。前編に続くこちらの後編では、まずはヨーロッパ出身のオーナーやワインメーカーが造る、ソーヴィニヨン・ブランのワインをご紹介しましょう。なかには、セミヨンというボルドー系の品種をブレンドしたワインもあるのです。こちらは、樽の中で熟成させることも多いようで、ボルドー地方の白ワインのように、より厚みのあるタイプに仕上がります。

また近年、各ワイナリーがますます力を入れている、ソーヴィニヨン・ブランのワインと食事とのペアリングについてもご紹介します。カリフォルニアのワイナリーのなかには、こうしたペアリングについて解説した小さなブックレットを用意したり、ホームページでわかりやすく説明したりしているところもあるのです。こうした楽しみ方を知れば、ワインと出合う悦びがさらに増すことは確実でしょう。