YAECAの一軒家ショップ、その誕生を追います 【前編】

写真:江森康之 文:高橋一史

飽きずに快適に着られる日常着が評判の「ヤエカ」がチャレンジする、新発想ショップの全貌に迫ります。

閑静な住宅街の中で

4月末頃オープン予定の新しい店舗予定地は、東京・白金高輪の西洋ふう一軒家です。暖炉まである2階建ての家屋で、以前はフランス人家族が住んでいたそう。今回、施工前のがら空きの室内をご案内していただいたのは、メンズでは広報を担当する井出恭子さん。物件について、このように言い表します。「まったくお店などない住宅街の中、古い塀を見ながら歩いていくと時間の流れが変わっていくような、気持ちのいい違和感のある場所です」。

都営三田線と東京メトロの南北線が通る白金高輪駅から徒歩10分以上の距離にあり、近隣にはファッションのショップはおろか飲食店すら見当たりません。初めて訪れた人は、閑静な高級住宅街の一角にこの店があることにきっと驚くでしょう。


上段写真:施工前のエントランスは住宅そのもの。

閑静な住宅街の中で

庭もある広い1階フロア。天井の断熱材を剥がした状態。

広いスペースを確保した最大の目的は、1930~70年代のフランス・アンティーク家具を並べたかったからとのこと。この家に決めた理由について、ヤエカのクリエイティブ・ディレクター&デザイナーの服部哲弘さんに話を伺いました。
「物件が出たことを聞き、初めて見に行ったのが今年1月後半。ショップにすると決めたのが2月ですから、本当に急に進んだ話なんです。以前からなるべく一軒家という条件で物件を探していました。フランスのアンティーク家具をヤエカのオフィスで使っており、個人的にも大好きなので、販売する店が欲しくて。フレンチモダンの椅子や照明器具は垢抜けた魅力があり、でも日本で取り扱う店が少ないんですよね。このようにある種のラグジュアリーなものを、新たに提案したいのです。白金高輪の住宅街は、東京の港区なのにローカルな空気感がある点が気に入りました。『僕なら行ってみたい』と思ったのが、ここに決めた理由です」
閑静な住宅街の中で

図面を手に、暖炉の前で計画を説明する井出恭子さん。

車であれば白金のプラチナ通りや広尾から10分ほどで来られます。チャレンジングな試みですが、誰もやっていないことをやってしまうのがヤエカなのです。