YAECAの一軒家ショップ、その誕生を追います 【前編】

写真:江森康之 文:高橋一史

飽きずに快適に着られる日常着が評判の「ヤエカ」がチャレンジする、新発想ショップの全貌に迫ります。

ファッションブランド「ヤエカ」の服は、シャツ、デニム、カバーオール、チノパン、マウンテンパーカ、スウェットシャツ……。言葉にするとごく当たり前の日常着です。でも、実際に目にして手に取った時、特別な服であることが分かります。ルーズなシャツのボタンはスナップ留めで着丈が短く、フロントを全開にして羽織っても味が出ます。両サイドには手の収まりがいいポケットつきです。やわらかいチノパンは股上が深くダボッとしたカタチで、スリムなパンツが主流の現代において、確かな存在意義を感じさせます。ヤエカは巧みに工夫された「毎日飽きずに快適に着られる服」なのです。直営店にカトラリーやインテリア、フードまで並べ、そのハイセンスなセレクトも評判のヤエカ。「Pen Online」は、彼らが東京に3店舗目となるコンセプトショップを計画していることを知り、そのプロセスを追うことにしました。前編と【後編】に分けて、物件の施工段階から、オープン後の様子まで、関係者へのインタビューも交えてお届けします。

上段写真:2階建てショップのイメージスケッチ。