Feature

ファッション

「アンダーカバー」の25周年展覧会で、日本デザインの実験精神を知る。

初台・東京オペラシティ内で開催されている「ラビリンス・オブ・アンダーカバー(LABYRINTH OF UNDERCOVER)“25 year retrospective”」で、既成概念の破壊の場に立ち会おう。

編集・写真・文:高橋一史

「アンダーカバー」の25周年展覧会で、日本デザインの実験精神を知る。

細部まで同一モチーフで揃えた、2000-01年秋冬「MELTING POT」。

美術館で開催されるファッションブランドの展覧会を訪れるのはどのような人たちでしょうか。ファッションのつくり手? そのブランドのファン? または関係者?「アンダーカバー」の25年間を振り返る「ラビリンス・オブ・アンダーカバー(LABYRINTH OF UNDERCOVER)“25 year retrospective”」は、デザイン全般やアートを通して身の回りの世界を見つめ直すことが好きな人にも足を運んでいただきたい展覧会です。アンダーカバーを設立したデザイナー高橋盾(Jun Takahashi)さんは、東京を拠点にしつつ国際舞台のパリでコレクション発表を続けてきました。彼自身による展覧会の序文にある「自分の核になる要素はすべて歪んでいます」との言葉は、異質なモノを追求してきた自身のスタイルを言い表しています。その概念は新たなファッションの芽吹きとなり、直接的にも間接的にも、多くの人びとの服装と感性に影響を与えてきました。80年代のデザイナーズブランドブームを経て、いまに続く東京発信のストリートスタイルの時代を迎える90年代への移行期に産声を上げたアンダーカバー。モード、ストリート、ロック音楽が渾然一体となった稀有なブランドのクリエイションを見ていきましょう。