「GINZA SIX」に新レーベルの店もできた「ザ・ノース・フェイス」は、アウトドアの枠を超えた男の夢のフィールド!

写真:宇田川 淳 スタイリング:鍛冶古 翔三 構成・文:高橋一史

最新と定番、どちらを選ぶ? Vol.03:常に進化を続け、アウトドアウエアのトップブランドであり続ける「ザ・ノース・フェイス」。プロのギアから日常着まで細分化された3つのレーベルにフォーカスします。

「GINZA SIX」に新レーベルの店もできた「ザ・ノース・フェイス」は、アウトドアの枠を超えた男の夢のフィールド!

「GORE-TEX® Micro Grid Backer」を使った超軽量防水ジャケット「CLIMB LIGHT JACKET」¥32,400/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス原宿店) スウェットニットベスト¥14,040/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 銀座店) Tシャツ¥20,520/エンハーモニック タヴァーン(スタジオ ファブワーク) パンツ¥31,104/レインメーカー

デザイン全般における考え方の一つに、「形態は機能に従う」というものがあります。この考え方は、ファッション(衣服)の分野にも当てはまります。たとえば、軍モノのユニフォーム。装飾を省き、徹底して実用性が追求された軍モノには、プロユースならではの機能美があります。ただしその美しさは、道具としての役割のみが考えられた結果ではありません。着る人に自信や誇りを与える、  “カッコよさ” も組み込まれているのです。

山岳地帯などの過酷な環境で活動するプロから、街の人々までを魅了する「ザ・ノース・フェイス」にも機能美が息づいています。本格アウトドアウエアは、愛用するアスリートの声を反映させつつ先端テクロジーを用いて商品開発されています。カジュアルスタイルの「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル」や、仕事着にもなる新しいレーベル、「ザ・ノース・フェイス アンリミテッド」にも、都市生活に必要な機能がふんだんに盛り込まれています。今回の「最新と定番、どちらを選ぶ? Vol.03」では、上記の3つのレーベルに焦点を当て、それぞれのアイテムをご紹介します。


1. プロ御用達だから着たくなるスタンダード、「ザ・ノース・フェイス」
2. 旬の気分たっぷりのお洒落カジュアル、「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル」
3. 都市が似合うクールなデザイン、「ザ・ノース・フェイス アンリミテッド」
4. 近年にますます盛り上がる人気、そこに隠された仕掛けとは?


●問い合わせ先
ザ・ノース・フェイス原宿店 TEL:03-5466-9278
ユナイテッドアローズ 銀座店 TEL:03-3562-7798
スタジオ ファブワーク TEL:03-6438-9575
レインメーカー TEL:075-708-2280