スリムな弟分が新登場した「リーバイス® 501®」、永遠の定番デニム三兄弟の秘密に迫る。

写真:宇田川 淳 スタイリング:小林聡一郎 構成・文:高橋一史

最新と定番、どちらを選ぶ? Vol.01:おなじみの人気ブランドが展開する旬の最新アイテムと、あらためて見直したい定番アイテムをリサーチする連載シリーズ。第1回目は「リーバイス®501®」を取りあげます。

スリムな弟分が新登場した「リーバイス® 501®」、永遠の定番デニム三兄弟の秘密に迫る。

リーバイス®「501®SKINNY」

「リーバイス®」の数多いラインアップの中で、フラッグシップに位置づけられる品番が「501®」。股上がやや深く、前開きはファスナーでなくクラシックなボタン仕様で、腰回りのフィットは痩せ型から太めの異なる体型の人でも穿ける汎用性の高いもの。デニムらしさを物語るディテールをすべて兼ね備え、長年穿き続けることで表情が変化していきます。140年間以上もつくり続けられ、世界中から “ジーンズのオリジナル” 、“ジーンズのシンボル” として不動の地位を得ているこのマスターピースが近年、大きな動きを見せていることをご存知でしょうか? デニムという素材、デニムというアイテムへの注目度がファッションシーンで高まっている中、リーバイス®が選んだ道は、シルエットの見直しでした。2015年には裾幅が細いテーパードの「501®CT(シーティ)」が誕生し、今年2017年2月に足幅全体がスリムな「501®SKINNY(スキニー)」が仲間に加わりました。実は大元の太めな「501®オリジナル」も、時を経てモダンに移り変わっているのです。新連載「最新と定番、どちらを選ぶ?」のスタートとなる今回は、出揃った501®三兄弟の注目すべきポイントに密着します。

CONTENTS

1. 腰回りにゆとりがあり、足幅全体が細い「501®SKINNY」
2. 2015年に登場した、裾幅スリムのテーパード「501®CT」
3. 変化を続ける、永遠のスタンダード「オリジナル」
4. 2000年代の「リーバイス®」ヒストリー