Feature

ファッション

春の軽快な靴──いま、選ぶべきスリッポンは?(前編)

この春、靴の流行はスリッポンが独り占めです。中でも「ベルジャンシューズ」に注目が集まっています。

「ガジアーノ&ガーリング」は、鹿革でラグジュアリー

英国の注文靴=ビスポークシューズでキャリアを積んだ2人、トニー・ガジアーノとディーン・ガーリングが2006年に創業した「ガジアーノ&ガーリング」。英国靴の伝統とコンテンポラリーなデザインが大きな魅力ですが、この「フレスコ」というモデルは、現代の靴ではほとんど見られない、希少な鹿革を使われています。しかも鹿革の中でも「チャイナバック」と呼ばれるビスポーク靴で使われるレベルの良質な革を2人が発掘し、この既製靴に採用しました。鹿革は吸湿性や通気性にすぐれ、しなやかさと柔らかさを持つ革ですが、その特性を活かして、トウとヒールを除いて、ガジアーノ&ガーリング初の「アンライニング(裏地を省いたデザイン)」に。まるで鹿革のグローブのような極上の履き心地をもたらします。パイピングとリボンにはエキゾチックなヘビ革を使用、ラグジュアリーなテイストを演出します。英国のビスポーク靴の伝統と革新性をまざまざと感じさせるベルジャンシューズではないでしょうか。
「ガジアーノ&ガーリング」は、鹿革でラグジュアリー

「これが靴か」と思うほど、ソフトな肌触りをもった極上の鹿革が使われています。全体のフォルムにも独得のクリエイティビティが感じられます。

「ガジアーノ&ガーリング」は、鹿革でラグジュアリー

英国のビスポークシューズの靴づくりの伝統を継承し、モダンなデザインの靴を次々と発表して話題を集めるブランドです。

ベルジャンシューズ¥119,700/ガジアーノ&ガーリング

問い合わせ先/阪急メンズ東京 TEL:03-6252-1381