すべてが英国・ノーザンプトン製の正統靴専門店、「ロイドフットウェア銀座」

写真:江森康之 文:小暮昌弘

デスティネーション ショップ14:たたずまいは、完全に英国の靴専門店。1980年代に青山で産声をあげ、91年に銀座で店を構えた「ロイドフットウェア銀座」には、紳士垂涎の名靴がいつでも揃っています。

すべてが英国・ノーザンプトン製の正統靴専門店、「ロイドフットウェア銀座」

ハイブランドの旗艦店やセレクトショップが立ち並ぶ東京・銀座に、91年のオープン以来、英国靴だけを販売する専門店があります。「ロイドフットウェア銀座」です。しかも扱う靴はすべて紳士靴の産地として世界的にも知られる英国・中東部の町、ノーザンプトン(ノーサンプトンと発音することもあります)でつくられているというから驚きます。

ショップのスタッフは勤続15年以上のベテランばかりで、「ロイドフットウェア」の靴に惚れてこの店の扉を叩いた人ばかり。英国靴、そして英国流のスタイリングを熟知する人たちです。デスティネーション ショップの第14回は、日本では唯一無二の存在、オリジナルの靴すべてを英国のノーザンプトンに注文してつくる、老舗の1軒を紹介します。