CLASS SAMURAI JAPAN 01:ジャパンブルーがあざやかな、スペシャルコラボのトート&リュックにご注目を!

写真:森山将人(mili) 文:佐野慎悟

Penと侍ジャパンのコラボによって生まれたブランド「CLASS SAMURAI JAPAN」。日本の革と職人技術を打ち出す「レン」の柳本大氏とともに製作したのは、あざやかなブルーをまとった2タイプのバッグ。そこに託された“こだわり”をご紹介します。

CLASS SAMURAI JAPAN 01:ジャパンブルーがあざやかな、スペシャルコラボのトート&リュックにご注目を!

豚革の表面を使用した、軽く柔らかい質感のオリジナルバッグ。左:コンパクトなサイズ感の「CSJ レザーリュック」¥38,000、右:シンプルで大容量な「CSJ レザートート」¥22,000(ともに送料込み)

日本を代表する選手たちの熱き戦い。テレビで観戦するだけではなく、もっと等身大の楽しみ方はできないものか? そう考えた小誌Penは、侍ジャパンとともにライフスタイルに寄り添うオリジナルブランド「CLASS SAMURAI JAPAN(クラスサムライ・ジャパン)」を立ち上げました。

メイド・イン・ジャパンのオリジナルアイテムを製作すべく、2人の日本人デザイナーを招集。その一人が、日本の革と職人技術を打ち出すバッグブランド「REN(レン)」の柳本大氏です。性別やシーンを問わず活用できる、リュックとトートバッグの製作工程をまずはご紹介しましょう。


CLASS SAMURAI JAPAN 01:ジャパンブルーがあざやかな、スペシャルコラボのトート&リュックにご注目を!

侍ジャパンと小誌がタッグを組み、ベースボールをスタイリッシュに楽しむオリジナルアイテムが誕生しました。そのコンセプトを体現するのが、プロ野球では馴染みの深い“クラス”という言葉を引用すると同時に、“暮らす”の響きを当てはめた「クラスサムライ・ジャパン」というブランドネームです。メイド・イン・ジャパンのモノづくりにこだわる日本のデザイナーをピックアップし、日本ならではの素材や技術を用いて製作したベーシックアイテム。世界に誇るジャパンプライドを、日々のライフスタイルに取り入れ愛用していきたい。このブランドには、そんな思いが込められています。