「ASASHI BARBER」、ロンドンにオープンしました!

原点は、子どもの頃に通った“床屋”。

ASASHIさんが渡英したのは、20代の終わりの頃。「ストリートカルチャーが魅力的だった」というロンドンで、セッションアーティストとしてのキャリアをスタート。滞在10年目を迎え、数々の現場を多忙にこなすようになった頃から、自分の店をもつことを意識し始めたそうです。

「僕の原点は子どもの頃に通っていた床屋。その雰囲気や匂いが大好きだったから美容師になることを決めた。ロンドンで暮らすようになってからずっとファッションの現場に居たけれど、いままた自分のスタート地点に戻って、新しいことを始めてみるのもいいなと思ったのです」とASASHIさんは語ります。
原点は、子どもの頃に通った“床屋”。

店のある「Cleve Workshops」。ここのStudio2にASASHI BARBERがある。

原点は、子どもの頃に通った“床屋”。

チェッカー模様の床とヴィンテージアイテムがアクセントとなった店内。

店があるのはイーストロンドンのショーディッチ地区。トレンドの発信地と言われて久しいレッドチャーチ・ストリートから至近距離ながらも、知らなければ通り過ぎてしまいそうな脇道にある「長屋」の一角です。ちなみに隣は日本でも注目のメンズウエアブランド「S.E.H Kelly」のアトリエ兼ショップ。その先にもデザイナーやアーティストたちのスタジオや住居が並んでいます。

そんなクリエイティブな空気で満たされた場所とはいえ、契約を結んで鍵を受け取ったばかりの頃の店内はボロボロだったとか。スタッフの林隆生さんとふたり、DIYで壁をきれいに塗り、床材を選び、チェッカー模様に敷き詰めて、内装を整えていきました。そして友人から受け継いだ椅子や「何度行ったかわからない」ほど通ったアンティークマーケットで見つけた鏡や家具、雑貨などを置いて、じっくりと2カ月かけて、店を仕上げていったそうです。
原点は、子どもの頃に通った“床屋”。

棚の上もじっくりと眺めたくなる雰囲気。黄色い箱のアメリカ製のポマードは販売もしている。

原点は、子どもの頃に通った“床屋”。

端正に並べられた道具の一つひとつにもASASHIさんの愛情とこだわりが感じられる。

原点は、子どもの頃に通った“床屋”。

ASASHIさんの長年の友人でもあるデザイナー、ベラ・フロイドのキャンドル。こちらもここで手に入る。

上段写真: 店の入り口に立つASASHIさん。