宮脇モダン―好奇心を刺激するフランス・アンティーク

写真:江森康之 文:佐藤千紗

あたらしい骨董店 Vol. 01:いまの時代ならではの骨董店を訪ねていくシリーズの第1回は、東京・目黒区の住宅街にたたずみ、フランスのアンティークを紹介する小さな店にクローズアップ。

パリ生活から見出された、「美しいもの」

「宮脇モダン」は、フランスの古いものを中心に集めたアンティーク店。骨董屋というと、薄暗い店内に、なにやら厳しそうな主人がいて、常連と蘊蓄を語り合っている。そんな想像をしてしまいますが、「宮脇モダン」はいわゆるステレオタイプからかけ離れています。
ショーウインドウには、木馬や傘やマネキンなど、なんだか楽しそうで気になるものがたくさん並べられ、興味をそそられます。店内は、近ごろ人気のある白いプレートやワイングラスなどとともに、ランプ、時計、メトロノームからよくわからない不思議な道具まで、店主の宮脇 誠さんの眼によって集められた“古くて美しいもの”が陳列されています。さまざまな珍しいものを前に、つい「これは何ですか?」と聞いてばかり。その度に宮脇さんは、遠い昔、遠い国で使われていたものの来歴を丁寧に説明してくれます。
パリ生活から見出された、「美しいもの」

魅惑的なウィンドウ。棚の上段に座っている木のマネキンは19世紀末ごろのもので、デッサンのモデルとして使われていた。¥180,000

宮脇さんは2011年に帰国するまで10年間、パリに暮らしていました。蚤の市で古いものを買い付け、オンラインや日本の骨董市で売る。いま、若い人たちの間で増えているアンティーク店のスタイルを開拓した先駆けでもあります。
もともとモノが好きで、身の回りのライターや腕時計を探すうちに古いものに興味をもったという宮脇さん。大学を卒業後、西洋アンティークの店で7年働いた後、2001年、単身パリに渡ります。当時は西洋アンティークというとイギリスが中心でしたが、宮脇さんは自分のセンスで勝負しようと、フランスを選びました。その頃、元麻布に「さる山」や「アンティークス タミゼ」ができ、新しいスタイルの古道具を始めた時代でもありました。
パリでは毎週、早朝から蚤の市を回り、市が立つと聞けば遠方にまで足を運び、ものを見る目を磨き続ける日々。「タミゼ」の吉田昌太郎さんともパリで知り合って意気投合し、以来、ヨーロッパの買い付けも一緒に行く間柄だそう。ピュアな感性に影響を受けたと言います。やがて転機が訪れたのは、有楽町で開かれる大江戸骨董市に出展し始めた2003年頃でした。
「その頃の骨董市は、和ものが中心でした。そこに、日常使いできるフランスの白い食器を持ち込みました。いままであまり見たことのないものの美しさが認知され、それを起点にだんだんと仕事が拡がっていきました」
その後もパリと日本を行き来しながら、フランスの生活骨董を紹介し続け、2012年に自宅に併設した店をオープンしました。
パリ生活から見出された、「美しいもの」

19世紀の純銀製のメガネ¥25,000。レンズを入れれば使用可能。

パリ生活から見出された、「美しいもの」

18世紀の木のフレームのミラー¥48,000

上段写真:さまざまなジャンルの“古くて美しいもの”が詰まった店内。めずらしいものをいろいろ教えてくれる、店主との会話も骨董店の醍醐味。