「グッドデザイン賞」が描き出す、デザインの未来とは。

写真:外山温子(CROSSOVER) 文:小川 彩 協力:JDP

創設から60年を数えるおなじみ「グッドデザイン賞」。2016年の受賞作とその傾向から、デザインの未来が見えてきます。この賞の価値をひも解く特別企画、後編をお届けします。

「グッドデザイン賞」が描き出す、デザインの未来とは。

日本でもっともよく知られたデザインアワードである「グッドデザイン賞」。2016年度は日本やアジア各国から応募および推薦された4085件から、1229件が選ばれました。さらに、グッドデザイン・ベスト100の中から大賞、金賞、特別賞、そしてロングライフデザイン賞が昨年10月28日に発表されました。

注目の大賞は、6件の候補から一般投票を含む審査委員とグッドデザイン賞受賞者による投票を経て、世界地図図法「オーサグラフ世界地図」が選ばれました。この大賞は、いわばその時代の「デザイン」を象徴するもの。イノベーティブなプロダクトや社会的に意義のある素晴らしい取り組みが並ぶなかで、「地図図法」が選ばれた背景はどのようなものだったのでしょうか? 見事大賞を受賞したオーサグラフ世界地図の考案者でデザイナーの鳴川肇さんへのインタビューからグッドデザイン賞を振り返ると、2017年のデザインシーンに新たなフェーズが生まれてきたことが見えてきます。