Tsukasa Kondo

Tsukasa Kondo / Actor / Writer
近藤 司/役者/脚本家

兵庫県神戸市出身。2008年渡米。以後東京とNYCを中心に役者/脚本家としての活動を続ける。最近ではYouTube上で全6話が公開されているWebドラマ「2ndアベニュー」の脚本を担当し、役者としても出演をしている。モットーは「よく食べて、よく寝て、二度寝する」。

2ndアベニュー第一話 http://youtu.be/9jbXtOYNS1w
公式ウェブサイト http://www.tsukasakondo.com

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

なぜ渡辺直美はアメリカ人を感心させるのか

なぜ渡辺直美はアメリカ人を感心させるのか
お笑い芸人の渡辺直美さんは日本でとても人気がありますね。去年はNY留学にもこられていたそうです。個人的には会う機会はありませんでしたが、是非海外で活躍する日本人の方に増えて頂きたいですね!

さて渡辺直美さんの有名なビヨンセの口パク芸ですが、その動画をこちらのアメリカ人の友人に見せても笑う人はいません。「すごい練習してるね」「上手いね」という感想を言うことがほとんどです。「彼女はお笑い芸人なんだよ」と言うと「え?そうなの?どこで笑うの?」と聞かれるくらいです。

今日はこのお話をきっかけに日本のテレビの方向性を予言したいと思います。

アメリカではここ数年、テレビの内容は大きく変遷してきました。

その変遷を見た後、日本のテレビに関して間違いなく予言できるのは「差別につながるような発言は許容しない」方向に進むことです。私が子どもの時は「ホモ」や「外人」といった言葉をテレビで聞くことがありましたが、今ではまずテレビで使われることはないですね。

これは一見当たり前のことのように思えますが、差別とはしている側は気がつかないもの。どんなことが日本のテレビから消えていくか一緒に考えていきましょう。
なぜ渡辺直美はアメリカ人を感心させるのか
私が近い将来日本のテレビから消えると思っているお笑いの種類は「顔のつくりを笑う(ブサイクだとか、ブス、ラクダ顔など)」「体型を笑う(デブ、チビなど)」です。さらに言うと「人の見た目を笑う」ですね。

で、今、日本のテレビでは「◎◎顔が何いってんだよ!」とか「ハゲですいません」の類のギャグはたくさんあると思うんですが、こういったもの、そのうち笑ってはいけない雰囲気に変わって行くと思います。

ミス・ユニバース日本代表に宮本エリアナさんが選ばれ、彼女がハーフであることに日本国内から批判があったことに対して海外から批判がありましたが、これからの日本はますます人種も文化も多様化していきます。

特定の見た目を取り上げ、笑いのネタにするのはますます難しくなると思います。笑いに限らず、「痩せ形の人だから草食キャラ」とか「キレイ系なのに◎◎するなんて」といった見た目と性格を結びつけて決めつけるような発言もしだいに消えていくでしょう。

こういう「決めつけをしない。差別的な偏見を拡散しない表現」のことをアメリカではポリティカリーコレクト(政治的に正しい。略してPC)と言います。アメリカのテレビではPCに関して、非常に厳しい水準を持っています。
なぜ渡辺直美はアメリカ人を感心させるのか
では冒頭の渡辺直美さんの話に戻りましょう。なぜ日本人のテレビ視聴者が渡辺直美さんの芸を見て笑うかというと渡辺直美というアジア顔の人が

太っていて

日本人らしくない動き(黒人女性アーティスト)

を激しくする

という点にあると思います。で、これというのはアメリカではテレビにのせて笑えるコンテンツではないんですね。太っている人が激しく動いているから笑える。というのはあってもそれを「さぁこれを笑って下さい」とは見せられない。それは「自分が太っていると思っている人」を不快にするし、テレビが「太っている人を見て笑っていいんですよ」と言っていることになるからです。

さらに黒人ではない人が黒人アーティストの動きを滑稽に真似て笑いをとる、というのもNGですね。

もちろん、お笑い芸というのは単純に分解できるものではないので、それだけではないですね。彼女の振り付けやタイミングの技術の高さに純粋に感心して見ている視聴者の方も日本にはいると思います!

で、お笑い芸人や構成作家からすると「そんなPCとか言ってると何も言えなくなるじゃねーかよ!誰も傷つけない笑いなんてねーんだよ!」という声が聞こえそうです。

とは言ってもテレビ番組にはスポンサー企業が必要ですし、正論なクレームが来た
場合はちゃんと対応しないといけないわけです。
なぜ渡辺直美はアメリカ人を感心させるのか
じゃあ今後コンテンツを作る人はどういって笑いやエンターテイメントを提供するかですね。ちょっと皆さん一緒に考えてみましょう。

たとえばこの尾田栄一郎さんによる人気マンガ『ワンピース』に関するTwitter上の議論:

少年漫画に見られる女体化すれば馬鹿になる表現と女性キャラの性的消費

に関しては皆さんどう思いますか?議論の内容に関しては賛同する人もいればしない人もいるかと思います。こういう意見が出てきて人の注目を集めることはどう思いますか?「つまんねーこと言ってるやつがいるなー」という感じでしょうか?

ではこちらの日本でも大ヒットとなった映画『ベイマックス』に関してのTwitter上の議論:

ベイマックスの「政治的正しさ」とクールジャパン

はどう思いますか?アメリカの作品と日本の作品、比べるだけ意味がないと思いますか?

しかし日本でもこれからのテレビ(映画)ではPCを考慮しない作品は発表する場をどんどん失っていくと思います。アメリカではそうなってきました。そして日本でも間違いなくそうなっていきます。

それはテレビ局/映画にはスポンサーが必要だからです。そして「いーじゃん細かいことはさ」という論理では何も正当化できないためです。

ではこれからのテレビのコンテンツは「誰も傷つけないで、まろやかな、退屈な作品ばかりになる」のかというとそういうわけではないです。

作品自体が「PCという物が存在することは理解していますよ」というシグナルを発していれば、面白いものはいくらでも作れるのです。

これに関しては次回のエントリーで。

PAGE TOP

Tsukasa Kondo