Shingo Sano

Shingo Sano / Editor / Writer
佐野 慎悟/エディター/ライター

高校卒業後ロンドンに留学し、London College of Fashionを卒業。帰国後、ファッション業界紙やファッション誌の編集部に勤務し、編集および広告企画を担当。その後PRに転身し、ラグジュアリーファッションの世界に4年間身を寄せる。2012年にフリーランスエディター/ライターとして独立し、再び制作の現場へ。雑誌の編集や執筆を始め、カタログ、広告、会員誌の制作などを行なう。

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

雑誌特集の舞台裏 〜懺悔〜

雑誌特集の舞台裏 〜懺悔〜
わたくし佐野慎悟。
2年前にフリーでの活動を始めて、
最初に手を差し伸べてくださった雑誌はPenでした。
以来ことあるごとにいろんな企画に参加させて頂き、
おかげさまでなんとか今日まで続けてくることが出来ました。

そんな7代先まで語り継ぐべき慈悲深いご恩を忘れたのか、
先日ひとつの暴挙を犯してしまいました。

今回は編集部の方々が見ているであろうこのブログにてしっかりと
経緯をご説明させていただき、あわよくば許して頂こうという魂胆で
慎ましく筆を取った次第であります。


*☎
編A:「雑誌特集です! この日とこの日とこの日とこの日、
○○さん、○○さん、○○さん、○○さんの取材、行けますか!?」

私:「ありがとうございます!!!! スケジュール空けておきます!!」

気がつけば、2週間ほどの期間に10件以上の取材をご依頼頂きました!!
本当にありがたいことです。しっかりいい仕事をしてお応えしなければ!!
そう思いながら帯をギュっと絞め直した次第であります。


そう。担当編集Sさんの失言までは……。


*取材先
編S:「○○さん。よろしくお願いします。今回は○○さん、○○さん、広末涼子さん、○○さんのような方々にお話を伺っているのですが……」

私:「じぇξ〆d‰!?」





私:「ははは。 そうですよね。雑誌って、本当に面白いものですよね。
それでは、さよなら、さよなら、 さよなら」(上の空)※


*帰り道
編S「いやー。○○さんのお話面白かったですね〜!」

私:「……」

編S「○○を読んでいたなんて意外だったな〜!」

私:「……」

二人:「……」


カラス:「カー……。 カー……」



私:「ヒロスエさん…。取材するんですね」(棒読み)

編S:「えっ? そうですよ。編Aがブッキングしてます」

私:「A……」(ゴゴゴゴゴ……)


カラス:「カー……。  カー……」



*後日
編A:「いろいろお願いしてますが、今日もよろしくお願いします!」


私:「……」(モゴモゴ)

編A:「はい?」


私:「ヒロスエ、キイテナイ」

編A:「はい?」

私:「オレ、ヒロスエ、キイテナイ!」

編A:「あっ、そうなんです。まだスケジュール調整できてなくて」


私:「オレ、ヒロスエ、キイテナイ!」

編A:「え?」

私:「ヒロスエ、キイテナイ!!」

編A:「え!?」

私:「オレ、ヒロスエ、シュザイスル!」

編A:「えぇ!!??」


二人:「……。」


カラス:「……。」


ここまで長々とお付き合い頂いたみなさま、
ありがとうございました。
そうなんです。今回生まれて初めて、恐れ多くも慈悲深いPenさまに、
いちペーペー野郎が仕事の発注を強要するという暴挙に出てしまったのです。
不機嫌モード全開で!!

だって、彼女は私が高校生の時のトップアイドル。
マジで恋してたんだもん☆(テヘペロ)


広末さんの取材前日には、
某古書店にて運命的な出会いが待ち受けていました。

ばばーーーん!!
雑誌特集の舞台裏 〜懺悔〜
私:「……」(ぷるぷる)

なんという神の思し召し!!
引き寄せられるようにひとつの棚へと向かい、
おもむろに引き抜いた一冊がこれ……。
熱心に取材中の編Aに若干気持ち悪がられながらも、
無言で購入してきました。

しかも、取材の当日は……。

ばばばーーーん!!
雑誌特集の舞台裏 〜懺悔〜
ついに復刊を果たしたこの雑誌の発売日!!
90年代に青春時代を過ごした30代男子であればわかるはず。
このロゴとこの顔のマリアージュが引き起こす破壊力を……。

結局取材中は緊張からそのご尊顔を直視することすら出来ませんでしたし、
何を話したのかさえ記憶にございません。

ただひとつ覚えているのは、広末さんが話した高校時代の話。

♥:「雑誌の気に入ったページは切り取って、友達にあげる封筒をつくっていました♬」


私:「……ぐふっ」





*放課後の教室
チャイム:「キーンコーンカーンコーン……」

私:「さてと、部活に行くとするか!」

私:「あれ? 机の中に、何か……」(ごそごそ)

私:「なんじゃ? こりゃ……封筒?」





私:「そんなの無理無理無理無理!!爆発する!!!!!」

一同:「えぇ!!??」

と、この後も5時間ぐらいは続きを書けますが、
昨日も某スタイリストさんに「お前のブログ長い!」って言われたので、
今回はここらへんで区切りを付けます。

みなさんも雑誌特集をお買い逃しの無いよう、
週末のうちにコンビニでゲットしておきましょう。



※“上の空”という表現はストーリー上の演出であり、
実際の状態を表すものではありません。。のはずです。

PAGE TOP