Pen

Pen / Magazine
Pen/雑誌

1998年創刊。毎月1日と15日発行のメンズライフスタイル誌です。扱うジャンルは、ファッション、アート、デザイン、映画や音楽といったカルチャー、さらには腕時計やカメラといったプロダクトなどなど。ここでは、そんな雑誌が生まれる編集部の日常をお届けします。

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。

サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。

仰々しいタイトルですみません。昨年、ネットを中心に話題を呼んだ、コンゴのファッション集団「サプール」をご存知でしょうか? コンゴの貧しい街並みとは対照的なカラフルなスーツで着飾る男性たちの姿に、多くの人が驚いたに違いありません。私もその一人。遠いアフリカの地に、こんなとんがった紳士たちがいるなんて! なんと、あのポール・スミスや山本寛斎もサプールに影響を受けたといいます。そして先日、そのサプールが写真展のプロモーションのために来日するという情報を耳にしました。さらに日本に滞在中、私もよく知るショップに訪れるとの噂も。これはもう、会いに行くしかない!

サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。

ということで、会ってきました! 写真手前の人物こそサプールのひとり、ムイエンゴ・ダニエルさん。通称“セヴラン”。冒頭の写真で、左から2番目に立つ黄色いスーツの方です。カウンターの奥でカメラを意識して硬くなっているのは、靴磨き専門店「ブリフトアッシュ」代表の長谷川裕也さん。前述の「私もよく知るショップ」とは、プライベートでも通っているこのお店のことでした。聞くと、サプール来日を知った長谷川さんが、「どうしてもサプールの靴を磨きたい!」ということでこのような機会が設けられたとのこと。

サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。


サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。

華麗な手つきで靴を磨く長谷川さんと、その美しい所作に見とれるセヴランさん(&通訳さん)。「コンゴではこんなにていねいに靴を磨ける人はいないね、素晴らしい技術です」とはセヴランさんの弁。せっかくの機会だからと、靴磨きを待つ間、セヴランさんに次のような質問をしてみました。「紳士とはどういう人?」「サプールの着こなしのルールって?」

↓セヴランさんの回答は、下の動画でお楽しみください!

「まず、ジェントルマンである以上は、争いごとをしないことが大事です。なぜなら、平和がないと洋服は着られないから。そして、一番大事なのは、カラーの調和です。カラフルに装えばいいというわけではなく、3色までに限定するのがサプールのルール。着方は3つあって、ひとつめはワントーンのグラデーションを用いる着方。ふたつめは、普通に3色を使って着る。みっつめは、2色を使って着る。綺麗なシャツやシミのついていないスーツを着て、いい香りを纏い、散髪もきちんとね」←通訳さんによる翻訳、大意(汗)。

なるほど、サプールはコンゴという場所とのコントラストで注目されていますが、平和を愛し、高度なファッションのテクニックを駆使する人々なんですね。セヴランさんのお話に感心していると、「はい、できました」と長谷川さんが割って入ってきたので振り向くと……

サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。

サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。

おおー、さすがの輝き!そして煌き!! こちらの革靴、ブランドは不明とのことですが、「普段からよく手入れされている感じですね。靴に対するセヴランさんの愛情が伝わってきました」と長谷川さん。艶やかに光る仕上がりに、セヴランさんもご満悦の様子です。

サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。

すっかりハイテンションのセヴランさん(笑)。長谷川さんの情熱のこもったシューシャインが、サプールの心を動かした瞬間です。野次馬心でお邪魔させていただいた私も思わずポロリ、じゃなかった、ホロリ。「面白そうだと思ったら、とりあえず現場に行ってみる」というのは編集者としての基本ですが、今回の一件であらためて強くそれを感じました。

サプール来日! その時、編集者としての血が騒いだ。

さて、サプールにさらなる興味をもったという方にお薦めしたい本があります。写真家・茶野邦雄さんがサプールを撮り下ろした『THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン』です。某ビールメーカーのショートムービーを見てセヴランさんのことを知ったという茶野さんが、2015年2月から現地に飛び込み撮影を重ねた集大成です。「エレガントな装いこそ人生のすべて」という粋なマインドとセンスをもった、サプールのありのままの姿が収録されています。実に見ごたえのある1冊です。(編集K)



『THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン』
¥2,700(オークラ出版)
http://oakla.com/syoseki/the-sapeur


ブリフトアッシュ
http://brift-h.com

PAGE TOP