Masaki Hosotani

Masaki Hosotani / The Post Office Director / Musician
細谷昌樹/ザ・ポストオフィスディレクター / 音楽家

1996年渡英。ロンドンの前衛音楽からアートシーン、ジャズフェスティバルなどで精力的にライブをこなし活動。同時にコンポーザーとして、資生堂やリーバイス等大手ブランドのファッションPV楽曲提供の他、サウンドインスタレーションや映画音楽などを幅広く手がける。
2012年、拠点を日本に移行。英国プロダクトとヴィンテージを主体としたセレクトショップ『The Post Office Shop』を大阪・北梅田にオープン。音楽キャリアをバックグラウンドに、ロンドンで長年培ってきたネットワークと世界観をミックスした独自のディレクションを展開中。
http://thepostoffice.jp/
http://justbecoming.com/

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

再会 - GOMA

再会 - GOMA

少し前になりますが、ミュージシャンであり画家の『GOMA』さんの個展を観に

DMOアーツまで行ってきました。

再会 - GOMA

オーストラリア先住民族の管楽器、ディジェリドゥ奏者として世界的に名を馳せるGOMAさん。

実はGOMAさんとはロンドン在住時代からの旧い付き合い。

住み始めた時期もちょうど同じ頃で、お互い慣れない海外生活をシェアした盟友です。

しかも同じ大阪出身。


今回はそんなふたりの"再会"を楽しみにしていたわけですが、一方で少し複雑な気持ちもありました。


というのも、ファンの方はご存知かと思いますが、GOMAさんは2009年に交通事故に遭い、

その時に受けた脳の損傷から高次脳機能障害という障害を負っていたからです。


とても困難な症状を伴う障害で、彼の場合は記憶喪失や日常の動作までに及んだそうですが、

その後の懸命なリハビリと愛する家族のサポート、そして今回の個展に展示されている点描画を描き始めたことによって、

見事にカムバックを果たしました。


一時は、自身の人生を捧げてきた大切な楽器、

ディジェリドゥでさえ一体何なのか分からなかったそうですから。。。

ここに至るまでの道のりは相当険しかったはず。

彼のドキュメンタリー映画『フラッシュバックメモリーズ 3D』や、脳科学者の茂木健一郎氏との対談を収めたTV番組『ブレイクスルー』などに、

その頃の過程が記録されているので、アーティスト、GOMAに興味のある方はぜひご覧頂けたらです。


そんなわけで、事故後のこの"再会"は、とてもセンシティブなことでした。


会場でGOMAさんの顔を見るまで、いろんなが思いが交錯しましたが、

最初に彼の作品を見た瞬間、

それが一気に吹っ飛びました。。。


再会 - GOMA

『ライブ!!?』


ストレートにそう響いてきました。


めっちゃ音楽的な絵。。。『綺麗な倍音みたいやな。。。』

再会 - GOMA

"倍音"とは簡単に言うと、音と音が共鳴して新しい音が生まれることなんですが、

彼のディジェリドゥの演奏のように、それがキャンバスの隅々に発生してるように見えます。


とても潔いタッチ。

面白いように、カラフルなドット達(点)が彼の息使いのように聞こえてきました!

再会 - GOMA

それをGOMAさんに聞くと、ニーッコリ笑って


『そうかー』


って、相変わらずシンプルなリアクション(笑)


その瞬間、昔彼がディジェリドゥの倍音の美しさについて

熱く語ってたことが波のようにフラッシュバック。。。


エネルギーに満ち溢れたエキシビジョンに

ただただ感無量。。。


音楽と絵は表現方法は違いますが、

同じ創作活動。

この人はキャンバスを使って演奏し続けてる。

それを確信させる今回の個展でした。


もちろんミュージシャンGOMAとしても、

新たな音楽性を模索中のようで、そちらも楽しみです。


これからも不屈の表現者、GOMAから

目が離せません。。。


http://gomaweb.net/


再会 - GOMA 再会 - GOMA

GOMAさん、こんな素敵な再会に感謝、感謝です。

たくさん話しできて本当に良かった。ライブの方もまた行けたらです。

ロンドン同窓会いつかしましょうね!

あと、ジャムセッションも(笑)

スミエさん & 娘さんにもヨロシクお伝えください。


次なる"再会"を楽しみにしてます!

ではでは。


Masaki




PAGE TOP