Kazushi Takahashi

Kazushi Takahashi / Fashion Writer
高橋 一史/ファッションライター

明治大学&文化服装学院卒業。編集者がスタイリングも手がける文化出版局に入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。担当ジャンルは、ファッション&音楽。退社後はフリーランスとして、原稿書き・雑誌編集・コピーライティング・広告ディレクション・スタイリングなどを行う。
kazushi.kazushi.info@gmail.com

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI

全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI
ストックホルム、ミラノ、香港に続いて、日本で販売がスタートしたプレミアム・デニム!
3月14日(金)に東京・表参道「骨董通り」沿いに誕生したセレクトショップ「Drawing Numbers 南青山店」のオープニングレセプションにて発見。
見た目の印象の良さについてはのちほど述べるとしまして、まずはレアな素材に目を向けましょう。
なんと、半分が「和紙」でできたデニムなんです!
店内にいらっしゃったデザイナーのHiro Yoshikawaさんに突撃インタビューしましたので、その様子をお届けします。

★Yoshikawaさんのご経歴は?

「私は25年間香港に住んでいるのですが、20年間ほど日本の岡山のデニム工場に出向いて、洗い加工のデザイナーを続けてきました。現在も、「西江デニム」に所属して働いています」

★「和紙」のデニムとは、どういう素材なんですか?

「7年ほど掛けて開発した撚糸の技術でつくった和紙糸を、白のヨコ糸に使用したデニムです。タテ糸はインディゴのロープ染色したコットンです」

★和紙のメリットとは何でしょうか。

「まずは重量が軽いこと。13.5ozのデニムなのに、穿くとその軽さが実感できます。通常のデニムと違って肌にベタつきませんから、夏の暑い季節に穿くジーンズとしても最適です。さらに、形状記憶の特性があるのも大きなメリットでして、穿きジワが残りますので、手軽に味のある色落ちを出せるのです」
素材の特性として起毛しないため、表面がツルッとした光沢感のあるドレッシーなニュアンスになるのも和紙ならではだそう。

★耐久性に不安があるのですが?

「いえ、意外にも、コットンより強い生地なんです!それを確かめるために、イヤというほど耐性のテストを繰り返しましたから(笑)」

さすが、デニム業界に長く籍を置く人らしいモノづくり。

私がこのデニムをパッと目にして惹かれたのは、素材うんぬん以前に、ビンテージのディテールを有しながらモード(モダン)なパンツに感じられたこと。穿くとシルエットはかなり細く、ステッチの太さや色がグラフィカルで、クールな大人のデニムに仕上がっています。トップにドレスシャツを着て、革靴を履くコーデをしたくなる美しさです。
全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI
リベットは本格的な打ち抜き仕様で、フロントはドーナツボタン。
全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI
ステッチのバランスもキレイですよね。
パッチは藍染めの革 ^^

さらに、シルエットと穿き心地を左右するパターンにも技あり!
なんとスウェーデンに発注したパターンなのだそうです。製造は日本なのにモードなムードが漂っているのには、そういう理由もあったのか!

「スウェーデンの人がつくるパターンが素晴らしくて、彼らはアジア人でも西洋人でもフィットする汎用性が高いデニムを得意とします。世界の人に向けた商品にしたかったので、こうしたこだわりも必要でした」

現在、各国の一店舗だけで販売するというポリシーで展開しており、日本では大阪に本社を持つ大手アパレルPALグループが誕生させた「Drawing Numbers」をパートナーに選んだそう。
全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI 全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI 全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI
現在店頭では、ノベルティの金箔入り吟醸酒と純米酒が並べられています。
ボトルデザインもカッコよくて、コンセプトを伝えるディスプレイとして魅力たっぷりなのですが、酒が置かれているのにも納得の理由あり。

「実は……私の実家が酒蔵なんですよね。この酒も販売したくて申請中です」

なんだかイイですよね、Yoshikawaさんがやっていることにどれも必然と意味があって。これからの時代、プレミアムな商品でもこんな豊かな気持ちが込められているものを選びたいな、と感慨に浸ったひとときでした。

掲載のデニムはノンウォッシュで価格は45,000円。ほかにワンウォッシュタイプもあります。サイズはウエスト30inchから。
全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI 全国1ショップだけが扱う超プレミアムな“ 和紙 ”デニム:WASHI
「Drawing Numbers」は手頃な価格の旬なイタリアものが多くセレクトされており、オリジナル商品もなかなかのクオリティ。
カフェもありますし、閑静な通りのお散歩がてらにカップルでもお買い物を楽しめるショップです。

「Drawing Numbers 南青山店」
東京都港区南青山5-10-6
TEL:03-6427-6940

All Photos © Kazushi Takahashi

※このページを紹介する目的以外でのSNS、まとめサイト、ブログなどへの写真転載はご遠慮をお願いいたします。

Instagram
http://instagram.com/kazushikazu

PhotoBlog
http://kazushikazushi.blogspot.jp/

(2014.8.27追記)
【若手クリエイターの皆さんへ】

このblogを作品発表の場にしたい人はいますか?
画像などがあればメール「kazushi.kazushi.info@gmail.com」へ。
絵でも写真でも、服やアクセでも、刺繍や生地プリントなどでも。
アイディア出し合って何かつくって、ここに載せるのもアリですね。
参考記事
男性のための女性ファッション用語講座 Part2:サンダル編(オリジナルイラスト)
新人クリエイター作品 Part1:ファッションデザイナー上野貴大

学生さんでもぜんぜんOK。
掲載の可能性がある人には、メール返信いたします m(_ _)m


ログ一覧

PAGE TOP